2010年6月 7日 (月)

ブログからブログへ

はじめがあれば終わりがあるもの。


2007年7月22日に
今帰仁酒造ブログをはじめて早3年。


ホームページの
リニューアルを機にはじめたブログが、
こんなにも続くもんだと改めて感じてます。


ブログを通じて多くの皆さまと、
交流や出会いを得ることが
1番の宝物です。


今年で4年目を迎えるにあたり、


今帰仁酒造BLOG
変わります。


ブログも
ココログさんから、
アメブロさんへ引越

タイトルも
「泡盛ダンディズム~沖縄の風に吹かれて」
(↑クリックで新しいブログに飛びます。)


として再始動します。


明日から新ブログにて、
皆さまとお会いできることを楽しみにしてます。

どうぞ皆さま
引き続きよろしくお願いします。

いつも応援クリックありがとうございます。
お気に入りの変更を忘れずに是非とも
泡盛よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

Love is 美しき古里CM

弊社の代表銘柄
「美しき古里」


地元今帰仁村の
自然や風土に
育まれた泡盛。


私愛してます。
泡盛を


いや
「美しき古里」を


この度、
沖縄県内で新しいCMが完成。


ブログ読者のみなさまも。
是非見てください。↓





いつも応援クリックありがとうございます。
来週にはまたブログからお知らせがあります。
是非お楽しみにしてください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

最北端の沖縄物産展が今年もはじまる

Kitamiparabo

最北の「北海道」にも
沖縄がやってきました。


広島からはじまり、
仙台までやってきた沖縄物産展。


本日から、
北海道の北見市で沖縄の風が吹いてます。

沖縄を愛する人も
早めの夏を体験したい人も
北海道と沖縄の架け橋の人も
出身が沖縄の人も
北見が出身の人も


そして、
泡盛が大好きな人も
「沖縄」がはじまりましたよ。


是非、
皆さま遊びにいらしてくださいね。
----------------------------------------

「第2回沖縄・九州物産展」

【日程】6月2日(水)~7日(月)

【時間】午前10時~午後7時
(※最終日は午後5時まで)

【場所】北見パラボ まちきた大通りビル5F催事場

【住所】北海道北見市大通り西2-1

【電話】0157-31-3600

いつも応援クリックありがとうございます。
沖縄三線を練習してますが、やっぱり練習不足。
もう順序を忘れてる今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月31日 (月)

銀座の大城会に行ってきました。

Ginza_2
東京は「銀座」
都内屈指の高級な場所。


関東近郊の「大城」の姓が集う会
「大城会」が開催すると言うことで、
参加してきました。
Oshirokai

「大城」の姓に関わる方なら、
どなたでも歓迎する会です。
ほとんど沖縄人(ウチーナンチュ)ですけどね(笑)


名刺交換をしても、
「大城」どうしですので、面白いです(笑)

「はじめまして大城です。」
「私も大城です。」


そうしながら、
たくさんの大城さんとお知り合いが
できました、ありがたいです。

今年で発足7年目の会で、
地元の新聞でも以前紹介されました。
詳しくは⇒コチラ

Dsc02444

銀座が見渡せるビルの最上階にて、
「大城会」が開催され、私もなんだか始まる前から
ワクワクしました。

Dsc02438
最初は、
北海道出身の「masato」さんによるギター演奏で、
「オジー自慢のオリオンビール♪」

Dsc02443
大城さんや
「城」つながりの玉城さんも一緒に沖縄三線演奏。
大城と玉城のコラボです。

Dsc02456

そして最後は、

大城さんも
玉城さんも
宮城さんも
金城さんも
山城さんも
城間さんも
名城さんも
真栄城さんも
慶田城さんも
宇江城さんも
そして、「城」つながりのみなさん全員で。

カチャーシーで大盛り上がり


大城会楽しかったです。
また来年も参加します!!
皆さま、ありがとうございました。

いつも応援クリックありがとうございます。
大城がこんなに東京にいるとは驚きでした。
他にも玉城会発足しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

今こそリキュールについて深く語ろう

Dsc02428

先日リキュールの試作品が出来たと、
沖縄より連絡があり、東京にも送ってもらいました。
プチ試飲会を開催。


届いた試作品は6本。


ベースとなる果実と泡盛の割合により、
色・味・香り・バランスが全く違う6本。

AタイプとBタイプに分かれた
品種の異なる果実を
さらに泡盛と甘さの割合で分ける。


使用してる果実は
残念ながら今は非公開です。

1つ1つ試飲しながら、
驚きと発見の連続。


試飲会も
「味見」がいつのまにか、
飲んでしまい、「飲み会」になる。


そうなる前に、
独断と偏見で選びました。

「よしAタイプで行きましょう!!」

とは言っても少人数ですので、
もう少し、試飲会や意見を集めないと
まだ開発段階。


でも、
単純に旨いです。
炭酸のハイボール割もいけました。

可能性が広がるリキュールを
夜な夜な今日も深く語っております。

いつも応援クリックありがとうございます。
明日は新宿のイベントに出演します。
大丈夫か不安ですが、やるだけです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

30代からはじめる「泡盛百科」

Dsc02431

沖縄県酒造組合連合会さんより、
「泡盛百科」のパンフレットが届きました。
30代で泡盛百科デビューです。


「泡盛百科」とは

沖縄県酒造組合連合会の公式サイトです。県内47酒造所と1協同組合が製造販売してる商品の詳細な情報をデータベース化した”泡盛データベース”を軸に、さまざまな角度で泡盛の魅力や、関連文化などを紹介してます。(泡盛百科サイトより抜粋)

                                  

パンフレットの裏面も見てみましょう。
Dsc02432
裏には47酒造所の問い合わせ先と、
モバイルサイトのご案内。

Dsc02433

各地域の酒造組合ごとに、
分けられており当社は、「北部酒造組合」にありました。
北部だけでも11蔵元ありますよ。

Dsc02435

パンフレットを開くと、
泡盛の情報がありました、そりゃそうです(笑)


「琉球泡盛とは?」にはじまり、

「黒麹の源流は沖縄」
「なぜタイ米を使うの?」
「泡盛のおいしい飲み方」

など、


泡盛の基本情報ではありますが、
まだまだお客様には知らないことばかり。

沖縄物産展でもよく、
「どうやって飲んだらいいの?」
「原料は何?」


など、よく質問されます。
そういった疑問や質問に少しでも応え、
泡盛をより身近に感じて頂くことができるのが、
「泡盛百科」なんです。

そして裏面を見ると、
Dsc02434
サイトの「泡盛百科」を紹介。

詳しいことは、
「泡盛百科」のサイトをご覧頂ければ分かりますが、
私のオススメ3つ、


泡盛トピックスにある
「泡盛便利帳」
⇒見学可能蔵元・古酒預かりサービス・オリジナルボトル制作を紹介。

「泡盛カレンダー」
⇒グーグルカレンダーを組み込み、最新の泡盛イベントがすぐ分かる。
しかもマイカレンダーに予定を入れることができるんです、いや便利。

そして、最後は
「泡盛の女王レポート」
⇒泡盛イベントに行った女王のリアルな感想が載ってます。女王によって文章や表現も当然変わるので、いろんな視点で読めるのが好きです。


パンフレットを多めに頂いてますので、
沖縄物産展やイベントなどで当社も配布しながら、
宣伝していきますよ。

まずは、
「泡盛百科」をご覧あれ!!

参考サイト:「泡盛百科」

いつも応援クリックありがとうございます。
現在924点の泡盛を網羅してるそうです。
近日にはオンラインショッピングもはじめますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

神戸の鉄人28号が叫ぶ

Dsc02407

新長田の琉球ワールドさんの帰りに、すぐ近くにある
「鉄人28号」を見てきました。

Dsc02399
遠くからでもすぐ分かりました。
ほんとすぐ近く。

神戸出身の横山光輝先生を記念して、
造られたプロジェクト。
私も先生の「三国志」をよく読んでました。
単行本で60冊いっき読みです(半日かかりました)

Dsc02400
横に見ると、さらにでかい。
体長18mもあるそうです。
Dsc02401
Dsc02402
正面から見ると、
ものすごい迫力です。

この鉄人28号の良い所は、
なんと!!
Dsc02405

さわることができる。


これ嬉しくないですか?
当然ですが、
めちゃめちゃ硬いです。
鉄人ですからね。


私の左手も微妙な写りぐあい。
雨の日に片手撮影は厳しい。

鉄人の下にもいけました。
Dsc02404

いきなり下の写真だけ見ると、
わからないですが、
この丸い感じが愛敬のある感じです。

私のお腹も丸いけど(笑)
比べちゃいかん、鉄人に失礼ですね。

Dsc02408
鉄人が右手を挙げて、
叫んでるように見えました。

私には聞こえました。

「泡盛飲みたいーー!!」

こんなオチですが、
すばらしい場所でした、新長田。

「神戸鉄人プロジェクト」

いつも応援クリックありがとうございます。
近くのお店の「鉄人ハンバーグ」が気になりました。
やぱり固めのハンバーグなのでしょうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

新長田にあった今そこにある「沖縄」

Dsc02425

神戸での沖縄物産展が終わり、
東京に戻る前に、もう1つの沖縄を見てきました。


場所は「新長田」


電車降りて、
駅から歩いて5分。
Dsc02422

「琉球ワールド 沖縄宝島」
ありました。

Dsc02423

入口の前では、両サイドで
シーサーがお出迎え。
結構でかいです。

店長があいにく不在。(物産展に来て頂きました。)
それでも店員の山内さんが親切に対応して頂きました。
ありがとうございます。

早速、泡盛コーナーへ。
Dsc02412

大きな黒の垂れ幕に、
赤い文字で
「國ノ宝物 琉球泡盛」

めちゃ目立つやん。
そして右側をみるとずらり。
Dsc02413
Dsc02414
Dsc02417
そして、
全体写真。
Dsc02421
泡盛全蔵元の銘柄を揃えてました。

最初は「蔵元別」に棚に並べてたそうですが、
お客様から「度数別」の問合わせが多く、
現在は度数で分けてるそうです。

Dsc02416
当社の「美しきふるさと20度」
「20度コーナー」にありました。

他にも当社銘柄をかなり品揃えに入れて頂いてました。
ありがとうございます。

泡盛コーナーの奥には、
Dsc02419
「泡盛酒造所マップ」がでっかく
ありました。

Dsc02420
今帰仁村に当社もしっかりと、
載ってましたよ。


お近くのみなさまも、
是非新長田の沖縄に行ってみてください。

------------------------------------

「琉球ワールド 沖縄宝島」

【住所】神戸市長田区大橋町6-1-1-102

【営業】10時~20時

【電話】078-611-2516

いつも応援クリックありがとうございます。
お店で沖縄三線の弦も買ってきたので、
東京戻って練習再開です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

沖縄物産展のお客様 関西編

先日は
神戸で沖縄物産展でした。
お越し頂いた皆さまありがとうございました。


いろんなお客様に出会えて、
すごく楽しかったです。

やはり関西のパワーは
すごいと感じましたよ。


お客さんが違う。


笑いに変える
かえしが、
関東と違って、
早くて上手いです(笑)


思わず、
「ウーーン」と唸ってしまい、
営業マンの私も言葉がない。

---------------------------------

「沖縄物産展にて」


私:「泡盛いかがですか?」

お客:「そうねえ」

私:「こちらの千年の響がオススメですよ。」

(関西ノリで)

私:「味もめちゃめちゃ響きますよ♪」

(さらに笑いを誘うように)

お客:「でも、値段も響くからええわ」

私:「・・・・・・・。」


「沖縄物産展にて 2」


時間はお昼過ぎ。

私:「泡盛いかがですか?」

(お客さんがこちらを向いて泡盛を見る)

そして一言。

お客:「まだ夜中の1時になってないからええわ。」

私:「そうですね。・・・・・。」

同調の言葉だけ(笑)

------------------------------

とこれだけ書くと、
私がダメな感じになりそうですが、
そうじゃないんです!!

関西のパワーがすごいんです。

Dsc02426

来年に向けて、
乗りツッコミをマスターしようと、
帰る電車で誓ったのでした。

阪神タイガースの
シークヮーサージュースを飲みながら。

いつも応援クリックありがとうございます。
東京に戻ってきてもしばらく関西弁が続いてます。
「まいど!」もいいなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

いっきに飛んだ仙台の沖縄物産展

Title

いっきに飛びました。
沖縄物産展。


広島の沖縄物産展では
ネタ帳を持つ営業マンが
泡盛をPR。


神戸の沖縄物産展では
ネタ帳を持たない営業マンが
泡盛をさらにPR。


そして、今回
仙台の沖縄物産展では
そのものがネタ帳の営業マンが
泡盛をさらにさらにPR(笑)


広島―神戸―仙台


と飛んで飛んで
5月の沖縄物産展
完結編でございます。


26日(水)まで開催してますので、
みなさまをお待ちしてます!!

--------------------------------------

「第13回沖縄の観光と物産展」

【期間】5月21日(金)~26日(水)

【場所】藤崎 本館7階 催事場

【住所】仙台市青葉区一番町3-2-17

【営業時間】午前10時~午後7時
(※最終日は午後5時まで)

【電話】022-261-5111

いつも応援クリックありがとうございます。
神戸にきて、ネタが増えました。
関西の方はやっぱり面白いと感じた物産展。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«夏がやってくる神戸の沖縄物産展