« 一升瓶用箱(2本入) | トップページ | FOOD TAIPEI 2007 初日 »

2007年6月19日 (火)

糸満ハーレー

Cimg1673

沖縄では各地でハーリーと呼ばれる行事があります。

ハーリーとは旧暦5月4日(ユッカヌヒー)に、各地の漁港で海人(うみんちゅ)が「サバニ」という舟を漕ぎ競漕するお祭りのことです。

今日は糸満でハーリー(糸満ではハーレーと呼びます。)が行われました。糸満ハーレーは、ハーリーの中でも一番有名で歴史のあるハーリーなんです。

今でも伝統が受け継がれており、
古い時代の集落である3つのムラに分かれて
各ムラの名誉のために覇を競い合うのだそうです。

沖縄らしい色鮮やかな衣装に身を包んだ
糸満ウミンチュ(漁師)の勇壮な姿と
糸満ハーレーでしか見る事ができないという転覆競漕など
見所満載で、とても面白いものでした。

転覆競漕とは、漕ぎ始めた舟をわざと転覆させ、
またそれに乗り込み、バケツで水をかき出しながら
競漕に戻るという、文字だけでも大変そうな競技です。

Cimg1739

Cimg1740

海人は常に危険と隣り合わせに仕事をしているので
舟が転覆するという危険に遭遇しても
すぐに起き上がって漁を続けるという技術と力強さを
披露するための競技で、観客を圧倒します。

また、アヒルスイカ取り競争という
ユニークなアトラクションもあり、
港に放ったアヒルや浮ばせたスイカを泳いで取りにいきます。

Cimg1703

取ったものは持ち帰れるそうです。
アヒルは・アヒル汁にでもするのでしょうか。

今ではこの3つのムラだけではなく
一般の会社や団体からもチームを組んで参加することができます。
そして次世代を担う地域の学生さんも参加して
場内は熱気・活気に満ち溢れていました。

この伝統あるハーレーに弊社の従業員が漕ぎ手として参加しました!

Cimg1678_1 

結果は位!まずまず大健闘です。
来年はもっと上を目指して頑張ると言っていました。

昔から、ハーリー鉦(打楽器のことです)が鳴ると
梅雨が明けると言われています。

なのですが、大会に参加している人たちの話に寄ると
ハーレーの後は雲行きが怪しく、雨が降ることが多いのだそうです。
でも天気予報によると沖縄は今週半ばから晴れ続き。
昔から伝えられている通り、梅雨明けは間近のようです。

------------------------------------

人気blogランキングへ ←いつも応援ありがとうございますm( ._. )m

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186049/15484861

この記事へのトラックバック一覧です: 糸満ハーレー:

コメント

今年もハーリーが終わり、今日から梅雨明けしたような天気ですね。
夏ばてしないよう、ふるさと飲まないといけないですね。笑

投稿: たも~し | 2007年6月20日 (水) 14時16分

☆たも~しさん
いつもコメントありがとうございます。
そして、ハーレーのコメントに対する
お返事が遅くなってしまって申し訳ありませんでした。

沖縄の夏はまだまだ続きますが
夏バテしていませんか?
ふるさと飲んで(笑)体調管理してくださいね。

投稿: 管理人 | 2007年8月28日 (火) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。