« う~ マンゴ!! | トップページ | 名護夏まつり’07 »

2007年7月27日 (金)

今帰仁御神 その1

昨日マンゴーの話をしましたが
その中で「今帰仁御神(なきじんうかみ)」
話題に出てきましたので
今日は今帰仁御神についてお伝えします。

少し長くなりますので
2回に分けてお伝えしようと思います。

歴史上の三大美人と言えば・・

クレオパトラ
楊貴妃
小野小町

ですよね。あまりにも有名です。

では、今帰仁で語り継がれる絶世の美女は?
その答えが「今帰仁御神」です。

P1010008

彼女の名前は「乙樽」
今帰仁風に発音すると「ウトゥダル」です。

見とれるほどに美しく、神様の様に気高い彼女は
いつしか「今帰仁御神」と呼ばれるようになりました。

彼女の美しさは国中に広まり
すぐにお城に召抱えられました。
ときの権力者の寵愛を一身に受け
国中の女性の羨望の的でした。

城主も民も世継ぎを期待していましたが
城主が60歳になっても子供を授かることがなく
次第に衰えていきました。

ある日、王妃が妊娠しましたが、
城主はわが子を見ることなく亡くなってしまいます。

城主が亡くなってからというもの
城内も国内も、暗く寂しくなってしまい、
ただ無事の出産を祈るようになりました。

今帰仁御神も雨の日も風の日も城内の守護神に祈り続け
その熱心さは、誰が見てもいじらしく思うほどだったそうです。

みなの願い通り、玉のような男の子が産まれ
彼女は天にも昇るほど喜び、王妃と王子のお世話役を
一手に引き受けたと言います。

風貌だけでなく、美人だったのですね。

無事に子供が産まれたので城内は一気にお祝いムード!
生誕祝いで武士も酒を飲んで楽しんでいました。

しかし!

いるんですね、どこにでもが(汗)

常々城主の跡目を狙っていた武士が
子供が成長する前に!と謀反を起こしたのです!!

王子と王妃、そして今帰仁御神の運命はいかに!?

                  ~!次回に続く!~

【今週は土日とも定休日ですので次回は7月30日(月)です(^o^)丿】

------------------------------------------------------

↓いつも応援ありがとうございます_( . _ . )_

人気blogランキングへ

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186049/15915126

この記事へのトラックバック一覧です: 今帰仁御神 その1:

コメント

はじめまして。
ブログ応援サイトのファイブスタイルです。

ブログの記事、楽しく拝見させていただきました。

当ファイブスタイルでは、5つのスタイルの
カテゴリからブログを紹介出来ればと考え、
担当者の私が1つずつ訪問しご紹介させて
いただいております。

ブログ人気のお役に立てればと思います
ので、是非一度ご訪問していただければと
思います。

詳しい説明はこちら⇒ 
http://www.fivestyle.biz/info/guidance

最後になりましたが、スパムのように不快に
思われた方、および既にご案内を受けた方に
はお詫び申し上げます。

ファイブスタイル
http://www.fivestyle.biz

投稿: ファイブスタイル | 2007年7月30日 (月) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。