« 那覇空港で大惨事 | トップページ | 今帰仁城跡(後編) »

2007年8月21日 (火)

今帰仁城跡(前編)

Cimg2104

8月も残すところ後10日。
多くの学生さんや生徒さんにとっては
夏休みがもうすぐ終わるのは残念ですよね。

でもまだまだ観光シーズンは終わりませんよ~

今日は今帰仁村で最も有名な観光地のひとつである
今帰仁城跡(なきじんじょうあと)
についてご紹介します。

Cimg2112

2000年12月に
琉球王国のグスク関連資産群」(9資産)
の一つとして世界遺産に登録され、
全国的に有名になりました。

桜の名所としても知られ、
寒いほうから咲く沖縄のカンヒザクラを見るのに
県内外から多くの観光客が訪れる場所でもあります。

私が初めて今帰仁城跡と訪れたのは
今から6年ほど前、
世界遺産に登録されたばかりの頃でした。

その頃と比べると、見違えるほど立派になっています。

Cimg2105

広い駐車場のそばには立派な総合案内板

Cimg2106

チケット売り場御土産売り場も立派です。

Cimg2107

ちなみに今帰仁城跡のチケットの半券
チケット売り場の向かいにある
歴史文化センターに入ることができます

歴史文化センターでは
今帰仁城跡のことも詳しく知ることができますし、
その他にもさまざまな展示がなされていますよ。

お得ですね。

チケット売り場から道を渡って城跡に向かうのですが
渡ったすぐのところに模型もできていました。

Cimg2109

おや、このお店は昔からありましたね。
この古い佇まいがいい味出しています。

Cimg2111

なんと石碑も立っていました。

Cimg2113

入り口の平郎門の方へ歩いていくと・・

Cimg2116

「ここで写真を撮ってください」と言わんばかりの
ベンチ
があるじゃないですか(笑)

Cimg2115

もちろん撮りますよ。
ワタクシ、ミーハーなので(笑)
その写真は割愛しますが・・。
城壁をバックに写真が撮れます。

その向かい側が昔のチケット売り場です。

歴史的背景をお話すると・・
琉球王朝時代の前には
三山時代と呼ばれる時代があり、
本島は北山・中山・南山の地域に分かれていました。

今帰仁城は当時は北山城と呼ばれ、
大豪傑で知られた王が豪腕の家臣を従えて
この地を治めていたそうです。

首里城のように鮮やかでもなく、
訪れてみても、建物もない・・・

そう感じる人もいるかもしれませんが、
私がミーハーに見ていただきたいところは
やはり!城壁です。

次回はその城壁と城壁の中をご紹介しますね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

人気blogランキングへ ←応援ありがとうございます。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186049/16189060

この記事へのトラックバック一覧です: 今帰仁城跡(前編):

コメント

今帰仁城跡って、
今帰仁の人は、何回行った事あるんですかね??
という風に疑問になりましたが、僕は20年余りの人生で記憶にあるのはたった2回です。
こんなに近くにあってもなかなか行かないんですよね。笑

最近でもないですが、歴史センター以外にも北部振興策で建設された建物には行った事がないですので、夏休み中には行ってみたいですね。笑

投稿: たも~し | 2007年8月22日 (水) 02時19分

☆たも~しさん
いつもコメントありがとうございます。

あまりにも近いと
「いつか行こう、いつか行こう」で
なかなか行かない事ってよくありますね(笑)

それまで当たり前に存在していたその城跡が
世界遺産に登録されたと聞いてから
訪れた方もいらっしゃるのではないかと思います。
かく言う私も2回目は
このブログを書くために訪れたと言っても
過言ではありませんが・・(汗)

お城が好きな方にとっては
「今帰仁城の城壁はたまらない」そうですよ。

他の建物についても私もいつか(笑)
そう、いつか行って、ブログにアップしようと思っています。

たも~しさんがそれらの建物を訪れた際には是非
感想を聞かせてくださいね。

投稿: 管理人 | 2007年8月22日 (水) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。