« ザ・カンムリワシファイト!! | トップページ | ナカヌヒー(お盆中日) »

2007年8月14日 (火)

ウンケー(お盆初日)

沖縄の行事は大抵旧暦で行われます。
お盆は日本各地でも大きなイベントのひとつですが
旧盆は沖縄の家族にとって、
4月の清明祭と並ぶ大イベントです。

旧暦ですので、毎年日にちが変動します。
今年は新暦の8月25・26・27日が旧盆です。

全国各地にもいろいろな伝統がありますが
沖縄の旧盆は日本の他の土地では
あまり見ることの出来ないものだと思いますので
ご紹介します。
今日はウンケー(旧盆初日)についてです。

沖縄出身の方でも「こんな意味があったんだ」
と思う内容があるかもしれませんよ。

ウンケー(精霊迎)

ご先祖をお墓からお迎えします。
お迎えするのは夕方です。
仏壇の飾りつけをして、
家の門の前でヒラウコー(沖縄線香)
12本3本つけてお迎えの儀式をします。

この12本3本と言う呼び方が面白いですよね。
なぜ15本じゃないのでしょうか。

「12本」「12ヶ月・12方位・一二支」
と考えられていて、「普段使い」の本数なのだとか。
・・ちょっと難しいですね。
「3本」「天・地・海(竜宮)へ捧げるもの」
なのだそうです。

ちなみに、他のお宅へ伺ってお供えするときは
「3本」使います。
この「3本」には「自分自身」
という意味が込められているのだそうです。

儀式が済むと、ご先祖が家の中に入ってきます。
3日間ご先祖が一緒に滞在することとなり
その間は生きている人同様の食事を仏壇にもお供えします。

食事もたいてい決まっています。
初日の食事はこれです。

「ウンケージューシー(沖縄風炊き込みご飯)と酢の物」

お供えする時も必ず線香を立てて、もちろんお箸も添えます。
そして、仏壇の前でご先祖の話をして供養するのです。

お盆の時期はご先祖をお迎えする時に出てきた
良からぬ霊もうろついているので
仏壇のロウソクは消えないようにして
部屋の中を明るく、外灯は早めにつけるようにします。
そして、極力外出を避けるようにします

沖縄にはこのような言葉があります。

「御香(ウコウ)どぅ 孝行」 

お線香をあげてこそ孝行、という意味で
大人がそれをしているのをみて子供が真似をし、
先祖を敬う心を子孫へ受け継いでいくのです

ご先祖あって今の私たちがある。
普段つい忘れてしまいそうになることを
再確認する日でもありますね。

明日はお盆中日(ナカヌヒー)についてお伝えします。

----------------------------------------

人気blogランキングへ ←いつも応援ありがとうございます(*^^)v

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186049/16115297

この記事へのトラックバック一覧です: ウンケー(お盆初日):

コメント

初めて読ませてもらいました、沖縄のお盆のことがわかり大変参考になりました。

投稿: 高田町 | 2007年8月15日 (水) 13時51分

☆高田町さん
コメントありがとうございます。
これからも「なるほど~」と思っていただける
情報を提供できるように頑張ります。
よろしくお願いいたします。

投稿: 管理人 | 2007年8月16日 (木) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。