« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月29日 (土)

道路交通法の改正

もう皆さんご存じだと思いますが、

9月19日に道路交通法が改正されましたね。

しかも、より厳しく!!罰則強化です。

【飲酒運転(酒酔い運転)】は、

「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」

            ↓(改正後)

5年以下の懲役または100万円以下の罰金」

今回はさらに、

【車両または酒類の提供、同乗行為】者にも適用です。

なので、

車で帰ることがわかってる人や、

飲酒運転の同乗者

飲酒者へ車を貸す行為

は全て罰則となりました。

お酒を飲む方はマナーを守って、飲みましょうね。

あとになって後悔するのは、自分自身や家族です。

STOP!飲酒運転を心がけましょうね。

---------------------------------------------

人気blogランキングへ ←いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

ニューフェイス

おや?

070928_13040001

このボトルはなんだろう。

きたか!

きたのか!?

070928_13060001

ついに

きたーーーーーーー!!!!\(^o^)/

070928_13130001

今帰仁酒造期待の新酒(しんじん)

近 日 デ ビ ュ ー。

乞 う  ご 期 待 !!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

人気blogランキングへ ←いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

Blue Lagoon Festa '07

Img9271328490001

今週末9/29(土)・30(日)に

Blue Lagoon Festa '07

と言うイベントがあります。

Blue Lagoon Festa とは何か。

パンフレットに記載されているものを
一部引用しますと、

サンゴ保護活動の啓発と
チャリティーを目的としたイベントです。

現在、沖縄の海ではサンゴ礁が急激に減少しており、
このままでは20年以内に沖縄の海から
サンゴ礁が消えてしまうとも言われています。

サンゴ礁は海の生き物の源として、
海に生きる全ての生物の4分の1もの生態に関わっており
サンゴの消滅=沖縄の白いビーチと青い海の消滅
だと言われています。

つまり、音楽を通じて、楽しい気持ちをきっかけに
多くの人たちに少しでも
自然のすばらしさ、美しさ、そしてサンゴの現状を
伝えるために
このイベントが開催されます。

そして、沖縄で行われているさまざまな
サンゴの保護活動・啓発運動のために
このイベントの収益の一部を
サンゴ保護を実施推進する団体に寄付するのです。

観光客のみなさんは初めて沖縄に訪れたときに見た
青い海、白い砂浜を忘れることはないと思います。

それほどに沖縄の海は美しく魅せられます。

沖縄生まれの人にとっては、
県外に出て初めてその類稀れな環境に気づいた方も
多くいらっしゃるかもしれません。

この景観を損ねようとしているのが人間であるならば、
守っていくのもやはり私達人間です。

環境保全のために自ら行動することが
今の時代に生きる私達には求められています。
この島々に住む人は尚更だと思います。

参加できる方はイベントを通して考え、
また、参加できない方においては
自分で出来ることから少しずつやっていきましょう。

沖縄の海のために。
私達が住む国土のために。
そして、これから産まれる命と地球のために。

Blue Lagoon Festa '07

場所:沖縄県名護市21世紀の森公園野外特設ステージ

時間: 9/29(土)開場 14:00
        開演 15:00~21:00
   
     9/30(日)ビーチクリーン 11:00
        開演 13:00~21:00

主催:Cafe Bar & Guest House  Beach Rock Village
                M a i l  : event@shimapro.com
                Tel/Fax: 0980-56-1128 

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

人気blogランキングへ ←ランキングに参加しています。

これからも応援よろしくお願いします(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

Cimg2232

沖縄では天気予報で「晴れ」となっていても
急に雨が降ることがよくあります。

いわゆる通り雨なのですが、
これがけっこう強い雨なのです(汗)

地元の人は慣れているのか
傘をささない人を多く見かけます。

特に中学生や高校生は雨のたびに
男子・女子問わず
制服姿でびしょ濡れのまま歩いています。

半端な濡れ方ではありません。
なぜ雨宿りしないのかと疑問に思うほど
ずぶ濡れなのです。

また、こちらはカラリと晴れていても
隣町では雨が降っているとか、
北部と南部で天気がぜんぜん違うとか
そういうこともよくありますね。

すご~く晴れているのに
対向車が水浸しの車で走っていたので
「何したのかね~」と言っていたら、
しばらく走ると道路が雨に濡れていたのでした。

通り雨と言えば、私はイギリスに行った事があるのですが
ロンドンの人たちもあまり傘をさしませんでした。

沖縄と同様、天気が変わりやすいことと
強風のため傘がすぐに壊れてしまうことが理由だそうです。
確かに私の傘もあっという間に壊れました(涙)

通り雨のおかげで洗濯物の取り込みなどは大変ですが
地面が冷やされ、涼しくなるので
暑い沖縄にはありがたい自然現象です。

雨が止むと、他の土地に比べて
虹を見る機会が多いように思います。

沖縄にはあまり高い建物がないので
見えやすいのかもしれません。

この写真は今日撮ったものではありませんが、
あまりにきれいに虹が出ていたので
思わず写真を撮りました。

Cimg2231

弊社の工場から始まっているかのような
発色鮮やかな虹。

どうか素敵な未来へと繋がっていますように。

==================================

人気blogランキングへ←ランキングに参加しています。

近頃下降気味でちょっと悲しい管理人です。

これからも応援よろしくお願いします_( . _ . )_

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

キャンペーン終了間近!

今日の沖縄はカラリと晴れて
気持ちがいいです。

日差しはまだまだ夏と変わらず強いですが、
先ほど昼ごはんを買いに外に出かけましたら
風はひんやりとして涼しかったです。

秋分の日を過ぎて
今日は中秋の名月ですね。
最近夜空を見上げることは少なかったのですが
私も今晩は空を見上げようと思います。

さて、早いもので9月もあとわずか!
今日まで入れてあと6日間です。

8月1日から始まったサンクスキャンペーン

あと たったの 6日間!!

「まだ家に持ってるよ~」という方いらっしゃいませんか?
忘れないうちにご投函くださいね!

「あれ?キャンペーンってなんのこと??」って
今日のブログ読んで思った方、

自宅に置いてある「美しき古里」のラベル部分に
赤いシールが貼ってありませんか??

「あった!」と思わず叫んでしまった方とか、
思わず店頭に走って確認しちゃった方!

今日気づいたあなたはラッキー!!

店頭に備え付けのハガキに貼って投函してください。

「ハガキが見つからないよ~」って時も大丈夫!
慌てずに店員さんにお尋ね下さいませ。

締め切りは9月30日まで!
9月30日の日付印が押してあるものまでが有効です。

例えば30日にポストに投函いただいても
日付印が10月1日になっていたら
申し訳ありませんが対象となりませんのでご注意ください。

また、10月1日より郵便局がついに民営化しますね。

普段は土日に営業している郵便局でも
9月30日についてはお昼以降は民営化への準備のために
営業していない局があるそうですので
お近くの郵便局については前もってご確認くださいね。

用心深い方は28日金曜日までのご投函が安心ですよ~。

ありがたいことに、
今までにもたくさんのご応募ハガキが届いています。
更なるご応募、お待ちしております!!

><><><><><><><><><><><><><<><><><><><

人気blogランキングへ ←ランキングに参加しています。

いつも応援ありがとうございます(@^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

ノベルティグッズ第2弾!

カレンダーの上では明日から3連休!!
お出かけの予定がある方もいらっしゃると思います。

9月も半ばを過ぎましたが
まだまだ日中は暑いところが多いようですね。
朝夕の気温の差が激しい季節ですから
体調には気をつけて下さいね。

さて、今日は以前の第1弾の続きです。
ノベルティグッズ第2弾としまして、
Tシャツ・ポロシャツをご紹介します。

まずはTシャツから。

じゃじゃん!!

070921_14020001

・・・前からみると、左すそに
少しだけ模様があるのみです。

ならばバックプリントをチェーック!!

070921_14030001

どうでしょうか、この大胆なプリント。
なかなかかっこいいと思いませんか??

近寄りますよ~。

はい、こんな感じです(笑)

070921_14040001

この図柄、どこかで見たことありませんか??

・・このブログを毎日読んでくださっている方は
もうお分かりのはずです。

そうです、第1弾でご紹介しました
「新しくなったのれん」の柄と同じですね。

「毎日ブログ読んでなくてもわかるよ~」と言う方・・

さすが!!(笑)
弊社の商品をじっくりご覧になってますね!

美しき古里古酒のラベル及び箱のデザインと同じです。

古里30度のラベルにも似ていますが
少し違います。わかった方は素晴らしい!!

・・何もプレゼントはありませんが・・・
拍手を送ります(笑)パチパチパチ~♪

ポロシャツはバックプリントのみです。
袖のロゴもTシャツに比べると控えめです。

070921_14060002

これらのTシャツやポロシャツは
弊社の従業員が着用したり、
居酒屋さんや酒販店さんにお配りしているものです。

申し訳ありませんが販売はしておりません。
・・・・今のところ。

それでは、みなさん
良い週末をお過ごしください(^o^)丿

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人気blogランキングへ ←ランキングに参加しています。

いつも応援ありがとうございます(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

もうすぐお月見

近頃の沖縄は台風の影響で
天気の良くない日が続いています。

今日は雨は降らないものの、
どんより曇り空です。

さて、旧暦八月十五日と言えば
中秋の名月、お月見ですね。

今年は連休明けの
9月25日(火)がその日です。

妙にだんごを食べたくなるのは
私だけではないはずです(笑)

お月見の時には
その時に収穫される農作物を
お供えする地域が多いらしく、
中秋の名月は芋名月と言われるそうです。

しかし、ちょっと調べてみたところ、
中秋の名月だからといって
満月になるわけではないようです。

ちなみに満月は2日後の
9月27日(木)だそうです。

25日と27日の夜、もしも晴れていたら
お月様を見て確かめてみて下さいね。

さて、もう一つの名月「十三夜の月」
いったいいつなのでしょうか。

それは中秋の名月からおよそ1ヵ月後の、
旧暦9月13日のことを指します。
今年は10月23日(火)ですね。

十三夜の月は豆名月とか栗名月
呼ぶそうですよ。

十五夜の月見については
中国で行われていた行事ですが
十三夜の月見は日本独特の行事のようです。

十五夜と十三夜の両方の月を見ないと
「『片見月」と言って縁起が良くない」
なんて言われていたそうです。

十五夜が曇りがちなのに比べて
十三夜はすっきり晴れることが多いらしく
「十三夜の月に曇りなし」
との言葉もあるそうです。

ヨーロッパでは月は良くないものと
思われていたそうですが
日本や、アジアの地域では
昔から月を見上げることが多かったようです。

日本では縄文時代ごろから
月を愛でる風習がありました。

特に貴族は観月の宴を開いたり
和歌を詠んだりして
月見を楽しんでいました。

あの「源氏物語」にも
月が出てくる場面は多いですよね。

今年は当ブログを思い出しながら(笑)
9月25日と10月23日に
お月見をしてはいかがでしょうか。

もちろん、一杯♪しながら。

○○●●●○○●●●○○●●●○○●●●○○

人気blogランキングへ←ランキングに参加しています。

いつも応援ありがとうございます(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

しまくとぅばの日に思う

昨日は「しまくとぅばの日」でした。

県外の方にわかりやすく表現すると

「島言葉の日」

島をひらがなで表現したのにも意味があります。
「しま」は、物理的に「島」のことを表すのではなく
地元、ふるさと、地域を表していています。

「しまくとぅばの日」はさまざまな場所で微妙に異なる
アクセントや言葉遣いを大切にしていこうとする
方言の日であると言えると思います。

「くとぅば」を数字の「9 1 8」に当てはめ
方言を推奨する条例が出来たのは
沖縄の「しまくとぅばの日」が全国で初めてでした。

「しまくとぅばの日」は今年で2年目を迎えました。

初年度のような大きなイベントはないにしても
新聞にはしまくとぅばの特集が組んであり、
見ているだけでも面白いものでした。

第2次世界大戦以前は方言を悪とし、
標準語を強制的に使わせるという国策がありました。
これにはいろいろ意見があると思います。

個人的な意見としては、当時中央から派遣された軍人達が、
地方の言葉がわからないことに苛立ち、
自分達にわかる言葉で喋らせようとした
身勝手な政策なのではないかと思います。

自分が変わるのではなく、相手を変えることで保身する、
閉鎖的な考えがうかがえます。

方言しか話せなかった人はスパイとして射殺されました。
沖縄県民は方言から離れなければ
生きることも許されない場合もあったのです。

さらに時代は進み、今では電話やテレビ、パソコンで
日本中はもちろん世界中と繋がるようになりました。

沖縄には多くの観光客が訪れ、また沖縄からも
さまざまな地に足を運ぶようになりました。

誰にでも通じる標準語は必要です。
今や方言だけで生活するのは難しいと言えます。

それに言葉は生き物ですから
時代の変化によって、使い方が変わったり
流行り廃れもあるでしょう。

私自身、周りで方言を聞く機会はほとんどありません。

しかし、例えば日本語にあって
英語にない表現があるのと同じように

方言には標準語ではいくつの言葉を使っても表現しがたい
微妙なニュアンスを表現する言葉があります。

県外出身で沖縄に住んでいる私としては
そういうものからでも少しずつ学びたい。

そんなことを考えた1日でした。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

人気blogランキングへ←ランキングに参加しています。

これからも応援よろしくお願いします(*^^)v

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

バンシルーとシークヮサー

070826_11380001_2

沖縄の民家の庭には
果物が生っていることがよくあります。

・バンシルー
・シークヮサー
・島バナナ

などなど。

私の実家も例に違わずいろんなものが生っていますが
今日はそのなかからバンシルーとシークヮサーの写真を
撮ってきました。

070826_11280002

バンシルーとはグァバのことです。
グァバの和名がバンジロウで、
沖縄訛りでバンシルーになったそうです。

緑色の実で、割るときれいなピンク色が現れます。
それがよくお店に売ってある
「グァバジュース」の色なんです。

種がたくさん入っていますが、
ほのかに甘味があって、そのまま食べても美味しいです。

ジュースを作るのもいいですよね。
私はそのままかじりますが(笑)

葉はグァバ茶として
お土産やさんやスーパーで売られていますね。
抗酸化作用がある健康茶です。

熟れたバンシルーが車に並べてありました。

070826_11280001
1粒いくら?って聞きたくなる様子でした。

シークヮサーも豊作で、
そこにもここにもツヤツヤの実が生っています。

070826_11290001

シークヮサーは全国でおなじみですよね。
ヒラミレモンという名前で、
シークヮサーは沖縄の方言だそうです。
知らなかった・・(汗)

070826_11310002

すっぱいイメージがありますが
熟した実はすっぱくないんです。

栄養価が高く、皮にも栄養があるので
ジャムなどで皮ごと食べるのがいいかもしれないですね。

シークヮサーの話題に便乗して・・
我が家で流行っている飲み物を紹介します。
姉夫婦が考えたのですが・・。

「シークヮサーシュカッシュ」
   略して「シークヮッシュ」

材料
シークヮサーさとうきび酢
・蜂蜜
・炭酸水

①お好みの量のシークヮサーサトウキビ酢を
グラスに入れます。

私はロックグラスなら小指の幅ほど入れます。

②続いて蜂蜜を投入。

我が家は甘党なので少し多めに入れています。

③よくかき混ぜます。

ドレッシング用の小さな泡だて器が便利です。
フォークでも混ざります。

④氷を入れてから炭酸水を注ぎます。

       完 成。
便乗で記事を書いたので写真はありません(汗)

でも、でも!ほんとにおいしいんですよ~。
シークヮサーの果汁のみでもいいのですが
さとうきび酢のかすかな酸味がいいんです。

世間ではシークヮサーでダイエット!
お酢でダイエット!などの文字が
本屋をにぎわせていますが、
これはまさしく、両方一度に摂れちゃいます(笑)

おすすめですよ

最後にキレイな色の蝶がいたのでこれもパチリ。

070826_11350002

************************************

人気blogランキングへ←ランキングに参加しています。

これからも応援よろしくおねがいします(*^_^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

ナーリー

来てますね。

台風11号です。

今度の台風はナーリーという名前だそうです。
ナーリーとは韓国が付けた名前で、
意味は「花」と書いてあります。

2000年から名前が付けられてるらしいのですが
どれも面白い名前です。

日本からは台風5号
「ウサギ」という名前が付けられていました。

九州北部から日本海に抜けて
東北・北海道の方に進んだ、あの台風です。

恐ろしい被害をもたらす台風なのに
ウサギとはかわいすぎる名前ですね。

他にも花や鶴、それに人名などさまざまです。

今回の台風は今晩から明日早朝にかけて
沖縄を通過し、長崎方面へ向かう
ようになってますね。

警報・注意報など出てる地域は特に気をつけてください。
ニュースで見ていると、毎回のように
外が気になって出てしまう人がいますが
「自分は大丈夫」と思わずに家の中にいてほしいです。

昔、私の祖父は台風の最中
何かが気になって外に出て、強風で飛ばされ
ちぎれたシャッターで足をざっくり切って
救急車で病院に運ばれたことがあります(汗)

我が家では昨晩のうちに
ベランダの観葉植物を部屋の中に入れたりして
びみょ~に対策しました。

食料も今日の昼のうちに少し蓄えておかなければ・・。

どこの地域でも、あまり被害が出ませんように。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

人気blogランキングへ ←ランキングに参加しています。

今後も応援よろしくお願いします(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

今帰仁スイカ

以前このブログの中で
今帰仁マンゴーについてご紹介しましたが

フルーツランド今帰仁村において
もっとも有名なフルーツと言えば

そう

スイカ

です。

沖縄県内におけるシェアーは半数以上

マンゴーは高級なイメージがありますが
スイカはいかにも庶民的。
沖縄ではどこのスーパーでも見ることができると思います。

縁側でスイカをかじる画を
想像しただけでも風流ですね。

スイカは喉の渇きを潤すだけでなく
喉の痛みを緩和させたり、腰痛に効くなど
びっくりするような効能があるそうですよ。

それに昔から「肝臓の薬」と言われているそうです。

今年はスイカを食べる時に写真を撮り損ねたので・・

Cimg2158

近くのスイカの工場の写真を撮りに行きました(笑)

Cimg2156

この工場の壁に描かれている絵は
インパクトがありますよね。

ちょっと近寄りましょう。

Cimg2157

スイカの上で男女がスイカを食べている傍らで
でかい鳥が。

このでかい鳥、何かと言うとダチョウなんですよ。

なぜダチョウ?

今帰仁村には以前「ダチョウらんど」があったんです。
現在は東村に移転しています。

私は今帰仁にあったころに行った事があるのですが
ダチョウは大きいですよ。
当時はエサをあげたり、
ダチョウの上に乗ることもできました。
今はどうなのでしょうか。

ダチョウも気になりますが
この男女も気になるところです。

吹き出しから想像すると、
男性が女性に今帰仁スイカを食べさせたようです。

感動のあまり思わず
「美味しいっ」と叫んだ女性に
男性は得意げに「だろ!」と答えています。
この男性は今帰仁出身なのでしょうか。

しかし、この二人は水着を着ています。
沖縄県内の人たちが水着で海に入ることは
あまりない・・のではないかと思いますので
もしかしたらこの男性は沖縄大好き旅行者かもしれません。

そして一緒に旅行している女性に
今帰仁スイカのおいしさを教えたかったのかもしれません。

妄想でこんなに書いてしまいました(苦笑)

ここまで妄想させるなんて、この絵はすごいです。

話をスイカに戻しまして・・(笑)

スイカは夏の果物のようですが
なんと今帰仁村では冬も収穫するんです。

夏物に比べると小玉ですが甘味はばっちりだそうです。

その季節に季節のものを食べたり飲んだりするのが
一番合っているに違いありませんが、
その季節のものじゃないものを食べれるなんて
贅沢ですよね。しかも美味しいなんて。

気になった方はチェックしてくださいね☆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人気blogランキングへ←ランキングに参加しています。

これからも応援よろしくお願いします(^_^)/

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年9月12日 (水)

アカバナー

昨日の日記「アカバナー」が出てきましたので、
今日はそれを話題にしようと思います。

Dsc01125

沖縄ではハイビスカスのことを
方言で「アカバナー」と呼んでいます。

文字通り「赤い花」です(笑)

今はいろんな種類があって、色も豊富ですが・・
昔から沖縄で咲いているのは
赤いハイビスカスで、
「ブッソウゲ」という種類
のものだそうです。

私は素人なので違いはあまりわかりませんが
正確には花の咲く向きとか
花びらの形や大きさも
外国のハイビスカスと比べると違うのだそうですよ。

沖縄では家の庭先でも咲いているし
生垣としても使われているし
もちろん自生でも咲いていて、
ほんと~にどこででも見ることができます。

一つの花は1日でしぼんでしまうのですが、
次々に咲いて花が絶えないことから
お墓に植えられることも多いようです。

それなので沖縄の県花ハイビスカス

・・・・と思いきや、
県の花は「デイゴ」です(笑)
THE BOOM「島唄」には歌いだしに出てきますね。

なんとハイビスカスは
今帰仁村の村花なのですよ。

以前の日記で、
村の木は「リュウキュウマツ」だと
お話ししましたが、
南国を象徴すると言っても過言でない
ハイビスカスが村の花なんです。

Cimg2159

村役場や公民館、そーれの周辺には
たくさんのハイビスカスが植えられています。

今日はそこで写真を撮りました。
種類も豊富に植えられていますよ。

Cimg2094Cimg2093 Cimg2095Cimg2100Cimg2097Cimg2096Cimg2101Cimg2099

余談ですが・・
東南アジアではこの花で靴を磨くので
「shoe flower」(靴の花)の別名があるそうです。

・・・どなたか、もし試したら・・
感想のご報告をお願い致します(笑)

************************************

人気blogランキングへ ←ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます(*^_^*)
現在落ち込み気味・・(涙)でも頑張ります。
これからもよろしくお願いします_( . _ . )_

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

箱を作る。

弊社の看板商品である
美しき古里20度。

普段あまりお酒を召し上がらない方や、

泡盛が初めてな方に親しみを持って頂くために
瓶・ラベル・キャップの全てにこだわりを持って
お手軽な500mlのボトルを作りました。

0000211

「美しき古里20度」と言えば
何と言ってもグリーンのボトルです。

なぜがテーマカラーになったかと言うと・・

今帰仁村は自然豊かな村です。
緑豊かな山、透明度の高い海。
そして歴史の重みを感じる遺跡。

これからも自然と共存し、
「今まで」を大切にしていきたいという想いを
自然の色の代表とも言えるに込めました。

なかなかこういう土地は少ないのか
現在では映画や雑誌、
CMの撮影にもよく使われているんですよ。

070911_12200001

キャップは赤で目立たせ
シーサーを載せました。がお~。

ラベルは全体的にポップなイメージで
縁取りを赤にすることで
全体を引き締めました。

すっきりとして飲みやすいと、
おかげさまで好評をいただいております。

箱なしの予定でしたが、お客様からのご要望もあり
箱があればお土産やプレゼントにも
使っていただけるのではないかと考えました。

そこで箱の作成が始まったのです。

070911_12010001

ラベルの柄の一部を箱に使いました。
色はやはりイメージカラーの緑です。
瓶の色は鮮やかな緑ですが、
箱の緑は少し深い色を使いました。

070911_11570001

右サイドには
阿形(あぎょう)のシーサー、
左サイドには
口を結んだ吽形(うんぎょう)のシーサー
を配置しました。

シーサーの下部にある文字の背景には
あるかないかわからない程度の
微妙な配色で絵が入っています。
敢えてのグラデーションです。

フタの部分には商品名とシーサー、
それにアカバナー(ハイビスカス)。

070911_11590002

正面のアカバナーはふちありですが
フタのアカバナーはふちなしです。
これも敢えてのふちなしと説明しておきましょう。

どこかでご覧になったら
「あっ!!これは!!」と大げさに驚き
正面からもサイドからも上からも
あちこちからじっくり観察して下さい(笑)

------------------------------

人気blogランキングへ ←いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

敬老の日について

昨日から沖縄は雨雨雨です。

近頃は随分涼しくなってきました。
日の入りも早くなり
そろそろ秋の気配を感じます。

今月17日は

敬老の日

ですね。

今日からちょうど1週間後です。

離れて住んでいる場合はもちろんですが
近くてもなかなか顔を出せなかったり
生活の時間帯が違うと一緒に住んでいても
なかなか顔を合わせることがないことも
よくあることだと思います。

心の中の想いは
日常の忙しさに紛れてしまい、
休日も仕事のある方にとっては特に

「あれ、今日は何の祭日だったかな」

と、後になって思い出すこともあると思います。

特別に何を持っていかなくても
ふらりと足を運んでみたり、
事情で行くことが難しい場合には
電話をしたり手紙を書いたりするのもいいですよね。

私は祖父母とは離れて暮らしているので
もろみ酢シークヮサージュースを送っています。

Photo

沖縄県産のもろみ酢はクエン酸が豊富
疲労回復や脂肪のつきにくい体にするのに一役かいます。

祖父母は農作業をしているので
ドリンクタイプなら冷やしておけば
休憩中に手軽に飲める
と考えたからです。

また、お酒が好きな方ならば
この商品はいかがでしょうか。

0000021

長生きしてネ 

180mlと小さな容器ですが、
43度の古酒を入れています。

少量でいいからおいしいものが飲みたいと言う
本物志向の方にお勧めです。

大切な人たちには
いつまでも元気で過ごしてもらいたい。

一緒にいられる時間は限られているけれど
そう願わずにはいられませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気blogランキングへ←ランキングに参加しています。

まだまだ頑張りますよ~(*^_^*)これからも応援よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

泡 盛 検 定

少し前から

いつか作ろうと思っていたものがあります。

それが

じゃじゃ~ん。

「泡盛検定」 です!!

作成にはかなりの時間を要しましたが、
今日ついに出来上がりました!!

弊社の泡盛マイスターの力を借りて
少しでも多くのみなさんに

「泡盛とは」

をお伝えするべく頑張りましたよ~。
どんどん挑戦して下さいね。

どんどん泡盛の知識を身につけて、

ご家庭で話題にするもよし!

会社でウンチクとして話すもよし!!

恋人に得意げに語るもよし!!!

飲み会で人気者になること間違いなし!?

人気者になるなんてことはどうでもいいのですが(笑)

泡盛が好きな方や興味のある方には
特に試していただきたいです。

結構難しい問題も取り入れてますよ!

さあ、あなたの泡盛の知識は何レベル??

********************************

人気blogランキングへ←ランキングに参加しています。

みなさんのおかげでメキメキ上昇中!ありがとうございます(^_^)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年9月 6日 (木)

壁画

私が初めて今帰仁村を訪れたとき
一目で気に入ったがありました。

Dsc02880

とある民家の壁に描かれた絵で、
いつ誰が描いたのかわかりません。

村の誰かが描いたのでしょうか。

二つの絵が並べて描いてあります。

壁の色がスカイブルーです。
なんとも南国らしいですね。

左側の絵に注目してください。

Dsc02881

着物を着た、芸者風の女性の右側に
弊社のふるさと20度が描かれてるではありませんか!

実際には ふるさと20度
で縁取りされた緑のラベルがついています。

これは緑の塗料が剥げてしまったのでしょうか。

Photo_utsukishiki

ふるさと20度は
まだまだ泡盛=30度以上がメインだった時代に
飲みやすい泡盛として
弊社が先駆けて売り出したもの
です。

かつて30度以上の泡盛は
若い世代や女性には敬遠されがちでしたが、
低アルコールのふるさと20度は
それまでの泡盛のイメージを覆すとして
幅広い年代から高い支持をいただきました。

実はこの壁画は今はもう存在しません。
家屋そのものが取り壊しとなり
脇の道を通るたびに眺めていたこの絵は
見ることができなくなってしまいました。

しかし、地元今帰仁村において
誰かが絵に描くほどに
弊社の泡盛を好んで下さっていたのだと思うと
うれしく、また感謝の気持ちを持たずにいられません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人気blogランキングへ←ランキングに参加しています。

まだまだ上を目指して頑張ります。応援よろしくお願いします(*^_^*)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

諸志共同売店

Cimg2155

みなさんは共同売店という言葉を
聞いたことはありますか?

今から100年以上前、
沖縄県北部に位置する国頭村という地域で
それは誕生しました。

共同売店とは
村のみんなで共同でお店を保有・経営し、
利益を村のみんなに還元するという発想で
作られたお店です。

今帰仁村には2軒の共同売店があります。
その一つが今帰仁村諸志にある
諸志共同売店です。

Cimg2154

諸志共同売店も歴史は古く、
大正時代から続いています。

場所は以前弊社ブログで紹介しました
今帰仁城跡の近くで、
趣き深いそのたたずまいは
映画や広告の撮影にも使われています。

店主は共同売店の中では若手と思われる
40代くらいの男性でした。
私がお店に入って地元の牛乳を買うと、
牛乳パックのマメ知識を教えてくれました。

あっちもこっちも都市化が進み、
大型のスーパーがたくさんできて、
北部ならば名護の大型量販店まで
車で行けば欲しい物は大抵手に入るようになりました。
それが故に共同売店は経営は厳しくなっているはずです。

それでも共同売店が残っていくのには
理由があるのです。

共同売店は車を持たないお年寄りが
日常品を買いに来たり、
またはゆんたくして情報交換をするなど
単なるお店としてだけの役割ではなく
地域の人たちの憩いの場としても成立しているからです。

つまり共同売店の関係者達が献身的に努力し、
地域の人達と信頼関係を積み重ねた結果の
存続であると言えます。

共同売店の存続が地域の町づくり人づくりに
一役買っていることを考えれば

今後も長く長く、続いて欲しいと思います。

みなさんも機会があったら訪れてみて下さいね。

****************************************

人気blogランキングへ←ランキングに参加しています。

みなさんのおかげで20位の壁を突破!ありがとうございます!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

クースの日

今日は9月4日、クース(古酒)の日です。

18時からクースの日シンポジウムが開催されますので
お時間のある方は是非足をお運びくださいね。

みなさんは「カラカラ」という雑誌をご存知ですか?

Vol24

季刊誌で、1年に4回全国の書店で発売されています。
沖縄の情報が盛りだくさんの雑誌
泡盛のことはもちろん、
食べ物やお店のこと、土地のこと、海のこと・・
沖縄に住む私達が知らないこともたくさん掲載されています。

雑誌の中には酒造所廻りのページもありまして
弊社は2003年9月30日発売の秋号に載せていただきました。
Gbkaracara009

ちなみにカラカラは酒宴の席で用いられる酒器
昔は大変貴重なもので数が少なかったと言われています。

Cimg2625

雑誌「カラカラ」の2007年秋号(9月1日発売)には
特選泡盛の中に
弊社の秘蔵の1品が掲載されています。

Photo_nakijin_3   

今帰仁城 10年古酒 43度
1.8リットル 11000円

・・大変申し訳ありませんが、現在は休売しております。
お電話でのお問い合わせも多数頂く需要の高い商品ですが
何しろ10年寝かせるため、いつでもはお出しできないのです。
ご了承くださいませ。

もし店頭で見つけたらラッキー!!
見つけた時が買い時です(笑)

10年以上の古酒は貴重な上、金額も高いですよね。
それだけ人の手がかかっていますので仕方がないのですが。

なので・・
贈答品として用いられることが多い弊社の壷シリーズ
ご自身であと7年寝かすという方法はいかがでしょうか。

0000001

長く寝かせるには陶器の方が向いていると思います。
お酒自身が呼吸することができるからです。
呼吸することによってよりまろやかな味わい、
そして華やかな香りへと変化していきます。

呼吸によって少しづつ内容量が減っていきますが
その時は仕次ぎと言いまして、
(工場ではもっと厳密なやり方がありますが)
同じ酒もしくは今帰仁の新酒を
減った分だけ補っていけば良いのです。
自分で育てるので愛着が沸くと思います。

なお、壷のプレートは
「祝 結婚」「祝 還暦」などに
換えることができます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

もっとこだわる方は
今帰仁の新酒童神
初めから古酒造りを楽しむのはいかがでしょうか。
この2点は新酒が入っています。

0000178

0000154

童神は子供が産まれたときをスタートとし、
子供が20歳になるまで熟成させるというもので
子供達が健康に育ちますようにとの願いも込めています。

お祝いの席にお酒は欠かせない一品ですよね。

子供の誕生や結婚、成人祝いなどのお祝いの時に
こだわりのお酒を準備して寝かせておき、
例えば還暦や結婚30年記念などの
その次のお祝いの時に開けて飲むのも
素敵なお酒の楽しみ方ではないでしょうか。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

人気blogランキングへ ←ランキングに参加しています。

ただいま大躍進中!みなさんのおかげです。ありがとうございます(*^_^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

ノベルティグッズ第1弾!!

弊社では8月1日から
サンクスキャンペーンを行っております。

キャンペーン期間は
9月30日(消印有効)までです。
残り1ヶ月を切りましたよ。

ハガキをお手持ちの方や
シールだけをご自宅に溜めている方は
どうぞお早めにご投函下さいね。

さて、今日は弊社のノベルティグッズ第1弾としまして
前掛け新しくなったのれんをご紹介いたします。

前掛けやのれんは
弊社の商品をご利用いただいている
居酒屋や飲食店、それに酒販店など
業者の方にお配りしています。

また、展示会の時も利用します。

以前ののれんはこれでした。

Cimg2621

テーマカラーのをベースに
だけのシンプルな色の組み合わせ。

弊社の看板商品である「ふるさと」
隠れた名品である「王朝乃邦」
二つ並べていました。

Cimg2613

新のれんはベースカラーはそのままに
さし色にを使いました。

真ん中に看板商品「ふるさと」
どど~ん と配置。

30度のふるさとのラベルのイメージです。
社名を大きくして、インパクトを強めました。

Cimg2618

この前掛けのデザインは結構長く使っています。
こちらも30度のふるさとイメージしています。
どこから見てもすぐに分かりますね。

着用するとこんなかんじです。

Cimg2617

ポケットがついているので
お金やレシートが入れられて便利ですね。

もし良かったら
デザインを覚えておいて、
どこかで見かけたときに

「あっ!!あれは!」

と大げさに気付いて下さいね(笑)

*********************************

人気blogランキングへ ←ランキングに参加しています。現在19位!

20位より上位は初めてです(*^_^*)引き続き応援よろしくお願いします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

第7回「古酒(クース)の日シンポジウム」

今日から9月ですね。
9月と言えば新学期!のイメージが強いですが
今は2学期制の学校も多いらしいですね。

学校とは関係ありませんが(笑)
私の場合は新しい月に入ると自然と
「よし、頑張るか!」という気持ちになります。

さて、きたる9月4日
古酒(クース)の日です。

この日は
「第7回古酒(クースの日)シンポジウム」
が開催されます。

日    時:9月4日(火)18時~19時30分
場    所:ロワジールホテル那覇3階「龍宮の間」
問い合わせ先:沖縄県酒造組合連合会(大城)
電    話:098-868-3727
入  場  料:無料

沖縄では古酒(こしゅ)のことをクースと呼びます。
語呂あわせで9月4日に決まったのだと思いますが、
クースの日を制定するには理由がありました。

戦前の沖縄には何百年という古酒が存在していました。
以前は酒造所だけでなく、
どこの家庭でも古酒造りを楽しんでいたと言われています。
普通の家庭に百年ものの古酒があることも
珍しくはなかったそうですよ。

しかし戦争によってそのほとんどは失われ、
現存するのはほんのわずかです。

そこで古酒の日制定の目的はこれです。

残った古酒はわずかになってしまいましたが
その先人たちの想いを受け継ぎ
今からでも再び古酒造りを県民・国民に呼びかけることで
沖縄の象徴・宝とも言える泡盛を育てて行くこと。

また、超長期熟成の古酒が増え続けることは
戦争のない平和な日々が続いていくことに繋がるとして
戦争反対と世の中の平和の願いも込められています。

先ほどから古酒古酒と連発していますが
古酒とはどんなものをいうのでしょうか。

泡盛の古酒とは、
泡盛のうち3年以上熟成させたもの、
もしくは泡盛と泡盛を混和したもののうち
3年以上貯蔵した泡盛が50%を超えるものをさします。

つまり3年がキーワードですね。

弊社では古里古酒千年の響などを
古酒として製造しています。

古酒の日シンポジウムでは
著名な方々をパネリストとして迎え、
古酒の貯蔵の仕方などを詳しく知ることができますよ。

また、参加された方の中から各酒造メーカー一押し!の
クースが当たるかもしれませんよ~。

泡盛好きの方も、これから泡盛を知りたい方も
ふるってご参加下さいませ。

-------------------------------------

人気blogランキングへ←ランキングに参加しています。

いつも応援ありがとうございます(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »