« バンシルーとシークヮサー | トップページ | もうすぐお月見 »

2007年9月19日 (水)

しまくとぅばの日に思う

昨日は「しまくとぅばの日」でした。

県外の方にわかりやすく表現すると

「島言葉の日」

島をひらがなで表現したのにも意味があります。
「しま」は、物理的に「島」のことを表すのではなく
地元、ふるさと、地域を表していています。

「しまくとぅばの日」はさまざまな場所で微妙に異なる
アクセントや言葉遣いを大切にしていこうとする
方言の日であると言えると思います。

「くとぅば」を数字の「9 1 8」に当てはめ
方言を推奨する条例が出来たのは
沖縄の「しまくとぅばの日」が全国で初めてでした。

「しまくとぅばの日」は今年で2年目を迎えました。

初年度のような大きなイベントはないにしても
新聞にはしまくとぅばの特集が組んであり、
見ているだけでも面白いものでした。

第2次世界大戦以前は方言を悪とし、
標準語を強制的に使わせるという国策がありました。
これにはいろいろ意見があると思います。

個人的な意見としては、当時中央から派遣された軍人達が、
地方の言葉がわからないことに苛立ち、
自分達にわかる言葉で喋らせようとした
身勝手な政策なのではないかと思います。

自分が変わるのではなく、相手を変えることで保身する、
閉鎖的な考えがうかがえます。

方言しか話せなかった人はスパイとして射殺されました。
沖縄県民は方言から離れなければ
生きることも許されない場合もあったのです。

さらに時代は進み、今では電話やテレビ、パソコンで
日本中はもちろん世界中と繋がるようになりました。

沖縄には多くの観光客が訪れ、また沖縄からも
さまざまな地に足を運ぶようになりました。

誰にでも通じる標準語は必要です。
今や方言だけで生活するのは難しいと言えます。

それに言葉は生き物ですから
時代の変化によって、使い方が変わったり
流行り廃れもあるでしょう。

私自身、周りで方言を聞く機会はほとんどありません。

しかし、例えば日本語にあって
英語にない表現があるのと同じように

方言には標準語ではいくつの言葉を使っても表現しがたい
微妙なニュアンスを表現する言葉があります。

県外出身で沖縄に住んでいる私としては
そういうものからでも少しずつ学びたい。

そんなことを考えた1日でした。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

人気blogランキングへ←ランキングに参加しています。

これからも応援よろしくお願いします(*^^)v

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186049/16500912

この記事へのトラックバック一覧です: しまくとぅばの日に思う:

コメント

内地の人にとって『島言葉の日』は、
『方言の日』の方が理解しやすいのではないでしょうか?

僕もおばぁ達くらい方言がしゃべれるといいなと思います。
話しても発音が異なって通じないときもあります。泣

投稿: | 2007年9月20日 (木) 16時40分

あれだけの焼き尽くすがが如き
不幸なる戦争。
その後、見事に復興したのは
「うちなーぐち」の霊力だと想います。
魂の濃さの磐石。地霊の守護。

「薄い世は氷解」
泡盛まで・・・・・
ヤマトの「水のような大吟醸」の
間違った縛りに、嵌っては・・・

幸い「美しい古里」は
濃い世に繋がるステキな味。

え、沖縄の生まれではないのですか。

投稿: 立ち呑みHAKUDOU | 2007年9月20日 (木) 23時21分


どなたからのコメントかわかりませんが
コメントありがとうございます。

そうですね、「島言葉」の文字そのものが
理解が難しいかもしれません。

その下の段落で「方言の日」との説明を
してはいるのですが、文章が長くて
これまた解りづらかったでしょうか。。
・・反省です(汗)

☆立ち呑みHAKUDOUさん
いつもコメントありがとうございます。

弊社の古里についても
そのこだわりを120%理解して下さって感激です。

そしてお尋ねの件ですが、
特に隠していたわけでもないのですが
私は県外出身の弊社の従業員でございます。

沖縄の行事や風習などについて
しまないちゃー(に早くなりたい)の目線で
書いております。

ちなみに私以外にたまに記事を書いている上司は
沖縄生まれ・沖縄育ちですよ。

投稿: 管理人 | 2007年9月21日 (金) 12時49分

管理人さんおはようございます。昨日兵庫県の豊岡へ行ってきました。静かな街の静かな酒屋の立ち呑みを探訪。ええ、味わいでした。
それにしても管理人さんの「沖縄への想い」の深さに感動すら覚えます。いい泡盛造ってください。「本島」の泡盛「本当」にがんばってください。久米島の久米仙もすきですが、本島の久米仙はもっと好きです。

投稿: 立ち呑みHAKUDOU | 2007年9月23日 (日) 06時13分

☆立ち呑みHAKUDOUさん
いつもコメントありがとうございます。

感動ですか(汗)
いやはや、そんなつもりではありませんでした。
ただ沖縄でなくても、
私は新しい土地に住む場合、
永住であっても、期間限定であっても
その土地の慣わし、考えかたを知ることは
とても大切な事だと考えています。

体得するのはかなりの時間を要するでしょうから
せめて知識の面から・・。

まぁ、全国のみなさんが
読んでおもしろいとか、ためになったとか
「へ~」とか「ふ~ん」とか「ほ~」とか
そんな感じで毎日見てくださるとうれしいな~と
期待しながら毎日書いています。

これからも応援よろしくお願いします。

投稿: 管理人 | 2007年9月25日 (火) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。