« 敬老の日について | トップページ | アカバナー »

2007年9月11日 (火)

箱を作る。

弊社の看板商品である
美しき古里20度。

普段あまりお酒を召し上がらない方や、

泡盛が初めてな方に親しみを持って頂くために
瓶・ラベル・キャップの全てにこだわりを持って
お手軽な500mlのボトルを作りました。

0000211

「美しき古里20度」と言えば
何と言ってもグリーンのボトルです。

なぜがテーマカラーになったかと言うと・・

今帰仁村は自然豊かな村です。
緑豊かな山、透明度の高い海。
そして歴史の重みを感じる遺跡。

これからも自然と共存し、
「今まで」を大切にしていきたいという想いを
自然の色の代表とも言えるに込めました。

なかなかこういう土地は少ないのか
現在では映画や雑誌、
CMの撮影にもよく使われているんですよ。

070911_12200001

キャップは赤で目立たせ
シーサーを載せました。がお~。

ラベルは全体的にポップなイメージで
縁取りを赤にすることで
全体を引き締めました。

すっきりとして飲みやすいと、
おかげさまで好評をいただいております。

箱なしの予定でしたが、お客様からのご要望もあり
箱があればお土産やプレゼントにも
使っていただけるのではないかと考えました。

そこで箱の作成が始まったのです。

070911_12010001

ラベルの柄の一部を箱に使いました。
色はやはりイメージカラーの緑です。
瓶の色は鮮やかな緑ですが、
箱の緑は少し深い色を使いました。

070911_11570001

右サイドには
阿形(あぎょう)のシーサー、
左サイドには
口を結んだ吽形(うんぎょう)のシーサー
を配置しました。

シーサーの下部にある文字の背景には
あるかないかわからない程度の
微妙な配色で絵が入っています。
敢えてのグラデーションです。

フタの部分には商品名とシーサー、
それにアカバナー(ハイビスカス)。

070911_11590002

正面のアカバナーはふちありですが
フタのアカバナーはふちなしです。
これも敢えてのふちなしと説明しておきましょう。

どこかでご覧になったら
「あっ!!これは!!」と大げさに驚き
正面からもサイドからも上からも
あちこちからじっくり観察して下さい(笑)

------------------------------

人気blogランキングへ ←いつも応援ありがとうございます。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186049/16413601

この記事へのトラックバック一覧です: 箱を作る。:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。