« 抽選準備中 | トップページ | 未成年者に対する飲酒防止の授業 »

2007年10月15日 (月)

美しき古里 淡麗

新商品である「古里 淡麗」について
まだお話していませんでしたね。

まずは正面からご覧下さい。

Photo

ちょっとボトルのボコボコ感がわかりにくいですね(汗)

ラベルのアップです。

071015_12380001
銀の背景にブルーグレーの淡い今帰仁城が見えます。
そこに一際鮮やかな水色の「淡麗」の文字。

キラキラしております。でも・・
実物の方が良いです(笑)
まぁ、私の撮影技術の乏しさのせいです(汗)

「美しき(うるわしき)古里 淡麗」は
「美しき古里」という弊社の看板商品の名前を取って
造られたものですから、
単に「飲みやすさ」だけを売りにするわけにはいきません。

「美しき古里 30度」のボトル・ラベルには
お客様からのご意見として
以下のようなイメージがあるのです。

・高級感がある
・品がいい
・懐かしさを感じる

大変ありがたいことです。
うれしくって涙が出ちゃいます。

もともと商品にはイメージがありますから
「飲みやすければ何でもOK」なわけがないのです。

確かに飲み口はライトです。クリアーです。

「美しき古里 淡麗」は
今までの弊社商品に比べると
とても飲みやすいサラリとしたお酒です。
香りは甘く、普段「古里 30度」をご愛飲の方には
少しスルリとしすぎているかもしれません。

だからと言って見た目まで軽くなる必要はありません。
しかし「古里 30度」と比べてどこが淡麗なのかを
見た目に表現する必要はあります。

通常は企画開発室が案を出すことが多いのですが
今回は初めから全営業マンが意見を出し合いました。
たくさん出てくる意見がまとまるには時間がかかりました。
たまには社長から厳しい指摘もありましたが
ようやく形になりました。

その結果のボコボコ瓶と銀のラベルなのです。

071015_12430001

「古里 30度」と並べてみましょう。

071015_12440001_2

上から見るとボコボコが良くわかりますね。

重厚感という点では「古里 30度」に軍配が上がりますが
落ち着いた青・眩しすぎない銀のラベルとボコボコボトルは
品の良さを損ねていないと思います。

せっかくなので「古里 古酒」も並べてみましょう。
こちらも味はもちろん、こだわりぬいた瓶やラベルです。

071015_12500001

店頭で見つけたら是非お手にとってご覧ください。
そしてそのまま吸い込まれるようにレジへ・・(笑)

みなさま是非お召し上がりください。
そして感想をお聞かせ下さいね。

*********************************

人気blogランキングへ←ランキングに参加しています。

いつも応援ありがとうございます。
コメントもお待ちしておりますよ~(^o^)丿

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186049/16768113

この記事へのトラックバック一覧です: 美しき古里 淡麗:

コメント

ついに淡麗の誕生ですね。

高級飲食店にも向いていていいですね。
飲んでみたいです。

定価はいくらですか。

投稿: たも~し | 2007年10月15日 (月) 17時07分


今帰仁酒造BLOG
~なきじんの美しき古里日記~
コメントのプレビュー
淡麗の不安解消。もういま
淡麗の「フアン」

淡麗=ボコボコボトル。
この図式が
勝利の方程式です。
さあ、船出!
応援しますよ!

投稿: 立ち呑みHAKUDOU | 2007年10月15日 (月) 22時14分

今回のブログよ見て飲んでみたくなりました。とってもいいブログになっています。これからも応援しますよ。頑張って!

投稿: 高田ひなより | 2007年10月16日 (火) 07時27分

☆たも~しさん
いつもコメントありがとうございます。

沖縄にお帰りの際には是非お召し上がりください。

定価は沖縄県内においては古里30度と同じです。
今はまだこの回答でご勘弁くださいませ。

高級飲食店、いいですね(笑)
是非置いていただきたいです。

これからも応援よろしくお願いします。

☆立ち呑みHAKUDOUさん
いつもコメントありがとうございます。

今までのコメントから察するところ
立ち呑みHAKUDOUさんは古里30度及び
古里古酒を好んで下さっているようでしたので
今回の淡麗に対する不安がなくなったと知って
私もホッとしています。

いつも応援ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

☆高田ヒナさん
いつもコメントありがとうございます。

「文章を読んで飲んでみたくなった」とは
ブログを書いている私にとって
とてもうれしいほめ言葉です。

これからも応援よろしくお願いします。

投稿: 管理人 | 2007年10月16日 (火) 13時47分

はじめまして。
質問ですが、減圧蒸留の場合は、蒸留釜をどの程度減圧するのですか?
私は、10分の一まで減圧すると聞いたのですが、知り合いが、「そんなに、下げるわけがない}といってました。お願いします。

投稿: awamoriwoods | 2007年10月17日 (水) 09時52分

焼酎紀行プレゼント大感謝祭で当選しました。初めての当選にビックリしています。これからジックリ味わってみます。有難う御座いました。

投稿: 佐藤晴男 | 2008年1月20日 (日) 12時04分

☆awamoriwoodsさん
随分前にコメントいただいていたのに
お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

コメントありがとうございます。
しかしながら、回答内容はブログのコメント欄に
載せる事ができるものではありませんので、
申し訳ありませんが控えさせていただきます。

もしどうしてもとあらば、お電話やメールなどでのご質問をお待ちしております。

☆佐藤晴男さん
コメントありがとうございます。

焼酎紀行でご当選ですか!
おめでとうございます。
その件でコメントをいただいたのは初めて
びっくりしてしまいました。

もしよろしかったから、飲んでみての感想も
お待ちしております。
これからもよろしくお願いいたします。


投稿: 管理人 | 2008年1月23日 (水) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。