« 意外なお客さん パート2 | トップページ | 年越しにすること »

2008年12月29日 (月)

一流の考え方

ある日の帰り、
タクシーに乗ったら運転手さんが言いました。


運転手:「お客さんどちらまでですか?」

私:「上野まで行ってください。」

運転手:「上野のどちらまでですか?」

私:「駅までで、いいですよ。」


車を走らせてる運転手さんに、
私は聞きました「タクシーもこの不景気で厳しいですよね」。

そうすると、
運転手さんは言いました「そうでもないですよ。」

「そうなんだ。」

私はてっきり、
「いやあ~ホント大変なんです。」って言葉が返ってくるかと思ったら、意外。


次の信号で止まった時に、
運転手さんが日報のようなものを、見せてくれました。

そこには、
簡単に今日何人乗せて、何キロ走ったかが書かれてありました。


運転手:「普通の運転手は、だいたいこの紙の半分ぐらいだよ。でも、私はもうすぐ紙いっぱいになろうとしてる。忙しいときは、紙が2枚になると」と言った。

「その違いは何かわかる?」と運転手さんは言った。

私:「普通の運転手さんと違うことをしてるのですか。」

運転手:「それもあるけどね、普通の人よりも努力してますよ。」


それから運転手さんは話してくれました。

運転手:「だいたい1日に走る距離を見れば売上は分かるよ。普通の人は駅でお客さんを待っていたり、都心を走らすもんだよ。私の場合は、普通の運転手より倍以上走らせてるよ」と話してくれました。

それは、運転手さんの言う「努力」でした。


運転手:「私がお客さんに(上野のどこですか?)って聞いたでしょ。あれも、次の行動を考える為ですよ。普通の運転手さんは、1人お客さんを乗せたら、近くの駅なんかに行ってまたお客さんを待ってますよ」と言う。


運転手さん言った、
「一流かどうかは別として、人よりも多く努力をしてそれを地道にこなすだけですよ。そりゃ、多少景気が悪いからと影響もするが、やるだけのことをやって、今日が悪ければ納得がいくが、人よりも努力してないのに、(景気のせい)や(人のせい)にはしたくないね」と話してくれました。

私はうんうん、うなづきながら運転手さんの話を聞いてました。


よく「一流と二流の違い」や「プロとアマに違い」について述べられてますが、
「どんな状況でも結果を残す」

「約束を守る」

「人一倍努力をする」

「期待以上のものを提供する」などが言われてます。


タクシーの運転手さんも、私が考える一流の人でした。
日々勉強、成長です、私も頑張ろう1歩ずつ。

人気blogランキングへ←いつも応援クリックありがとうございます、今年もあと2日ですね。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186049/43563277

この記事へのトラックバック一覧です: 一流の考え方:

コメント

そのタクシーの運転手さんの考え方は勉強になりますね〜!!
私も人のせいにするつもりはないけど、努力は全然足りてないなぁ〜って(^o^;
来年は気持ちを入れ直して、私も頑張ろう〜(^-^)

今年一年ご苦労様でした!!来年もブログ楽しみにしてますね!!

投稿: とろっと | 2008年12月29日 (月) 23時55分

☆とろっとさん☆
いつもコメントありがとうございます。
タクシーの運転手さんイキイキしてましたよ。自信がありました、私も見習わなくてはhappy01ブログは明日の大晦日で最後なので、気合い入れて書きます。ブログ応援ありがとうございます。

投稿: 管理人 | 2008年12月30日 (火) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。