« 第10回沖縄物産展 東急百貨店 | トップページ | うれしい報告 »

2009年4月24日 (金)

あたりまえ

ブログを書いていますと、いろいろな交流や発見が多くあります。
最近では他の方のブログも多く見るようになりました。


いつも拝見しているブログ
すごく大切な言葉がありましたので、ブログでご紹介。


この言葉は若くしてガンを患った
医師の井村和清さんが、家族へ対する思いを綴った言葉だそうです。


-----------------------------------

「あたりまえ」


あたりまえ
こんなすばらしいことを、みんなはなぜよろこばないのでしょう
あたりまえであることを
お父さんがいる
お母さんがいる
手が2本あって、足が2本ある
行きたいところへ自分で歩いてゆける
手をのばせばなんでもとれる
音がきこえて声がでる
こんなしあわせはあるでしょうか
しかし、だれもそれをよろこばない
あたりまえだ、と笑ってすます
食事がたべられる
夜になるとちゃんと眠れ、そしてまた朝がくる
空気をむねいっぱいにすえる
笑える、泣ける、叫ぶこともできる
走りまわれる
みんなあたりまえのこと
こんなすばらしいことを、みんなは決してよろこばない
そのありがたさを知っているのは、それをなくした人たちだけ
なぜでしょう
あたりまえ


(井村和清「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」 1980年)
------------------------------------

あたりまえの「ありがたさ」を
私にあらためて、気づかせてくれました。


日々の成長に感謝したいです。
みなさん良い週末をお過ごしくださいhappy01

人気blogランキングへ←1日1回応援クリックいつもありがとうございます。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186049/44772068

この記事へのトラックバック一覧です: あたりまえ:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。