« 沖縄料理 海神(うんじゃみ) | トップページ | 2010年泡盛マイスター日本王座決定戦 »

2010年4月13日 (火)

ハイビスカスの花

Akabana

4月。
沖縄では春の伝統行事として、
「清明祭(シーミー)」があります。


清明祭(シーミー)は、
身内同士が集まり、墓前に供え物をしてから
皆で共食する慣習です。
祖先祭です、祭りなんです。


先週末、沖縄は
シーミーのピークだったのではないでしょうか。
お墓の前に車が縦列駐車で並ぶ風景は、
沖縄ならではの光景ですよね。


お墓に行くと、
周辺によくハイビスカス(方言名:アカバナー)が咲いてます。
南国の代表的な花の1つです。


沖縄の南部では「後生花」とも呼ばれ、
死人に向けて、
あの世への後世を幸福に暮らせるよう
お墓の周りによく植えられてます。


清明祭で、
祖先や身内が集まり、
後世でも幸せに暮らせるよう願う祭りです。


お墓周りに
ハイビスカスが咲いていたら、
きっと祖先達も喜んでると思います。

ホントきれいな花です。


いつも応援クリックありがとうございます。
ブログランキングに1票感謝致します。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186049/48075362

この記事へのトラックバック一覧です: ハイビスカスの花:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。