今帰仁村のいいところ

2008年5月29日 (木)

今帰仁城案内ガイド養成講座

Scan103

お城が好きな方の中には
今帰仁城跡の魅力にハマる方も多いと聞きます。

お城に限らずですが、建造物もその土地も、
歴史的背景を知ってこそ
その生き様を深く感じることができますよね。

各地を旅行する時、
事前にガイドブックなどで調べて旅行した時と
何気なく行ってみた時とでは
後になって、その場所に対する思い入れが
ずっと違ってくるものです。

でも自分で調べる時間がない人もいるし、
膨大な歴史をを簡単に知るのは難しいですよね。

そんな時にガイドさんと一緒に
その場所を見て周れたら、
見ながら聞くので覚え方も違います。
「なるほど~happy01と思いながら見るので
知識になっていくんでしょうね。

Scan102

そのように観光客のみなさんに
いろんな情報をお届けする
「案内ガイド 養成講座」
今帰仁城跡でも開講されます。
全10回のコースで、毎回講師をお招きして
今帰仁について勉強するそうです。

ガイドにはならなくても
受講だけでも全然OKだそうですよ。

自分の住んでいる地域の事を知らないって
意外と多くないですかsign02
県外のお友達が沖縄に遊びに来る時に
ちょっと自慢できる知識を得るにも
とてもいい機会だと思いますので
興味のある方は是非お問い合わせ下さいね。

お問合せ先
今帰仁村教育委員会(文化財係)
TEL:0980-56-3201

今帰仁村歴史文化センター
TEL:0980-56-5767

ホームページURL
http://www.rekibun.jp

----------------------------------

人気blogランキングへleftrightランキングに参加していますfuji

今帰仁の魅力を知るチャンスにポチっとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

今帰仁城のネコ

先日、今帰仁城へ行きました。

すると、ネコcatがいたんです。

Dsc00032

今のチケット売り場ではなく、
昔のチケット売り場のとこです。
平郎門のとこですね。

Dsc00033

どうやら野良猫catのようですが、
すっかり人に慣れているようで、
近づいても逃げる仕草もしません。
この付近に住みついているのかなぁ。

ちょうど日陰で気持ちがいいのか
ごろ~んと横になって
ぺろ~んと足を伸ばしています。

なんともかわらいらしい姿です。
今帰仁城へ来る人々をこの場所で
こうして迎えて見送っているのでしょうか。

せっかくなので違うアングルでも。

Dsc00034

いいですねぇ。

私も木陰で昼寝sleepyしたくなりました。

---------------------------------

人気blogランキングへleftrightランキングに参加していますwink

ネコに癒されてポチっとお願いしますclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

ゴーヤ

Cimg1331_1

5月も下旬に入りましたね。
先月に引き続き、今月も何かと
バタバタ過ごしているのですが、
農業自慢の今帰仁村では
5月はゴーヤの収穫が始まっているそうです。

ちょっと前の話ですが沖縄では
5月8日はゴーヤの日と言う事で
スーパーには山積みのゴーヤがあります。
もしかしたら県外でも
イベントにちなんでゴーヤを売っているのでしょうか。

ゴーヤと言えば、
私が初めて沖縄を訪れて食べた
ゴーヤチャンプルーはですね・・・。

ちっとも苦くなかったんですよcoldsweats02

県外に住んでいた時も家で
調理して食べた事があったのですが、
どうも苦くて、あまり好きではありませんでした。

それが!!沖縄のゴーヤは苦くない。

なんでsign02品種が違うのsign02
疑問に思いながらも調べた事はないですがcoldsweats01
採れたてのものは苦くないという
話も聞いたことはあるのですが・・・。

昔からゴーヤを当たり前に食べている
沖縄の人々の調理の方法にも
何か秘密があるのかもしれませんね。
ゴーヤチャンプルーも家庭の味があると聞きますし。

これから迎える暑い夏を乗り切るのにも
ゴーヤの栄養は役に立つそうですよ。
県外のみなさんもご家庭で作ってみてくださいね。

----------------------------------------

人気blogランキングへleftrightランキングに参加していますlovely

今帰仁村の特産品にぽちっとお願いしますnote

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

今帰仁城桜祭り写真展

このブログでもお伝えしたように
今帰仁城では1月に桜祭りcherryblossomがありました。

その時にこの桜祭りの
写真コンテストの写真も募集されました。

そのコンテストで賞を取った写真が
いろんなところで移動展busとして
展示されているようですよ。

12

これは今帰仁の駅そーれに来ていた時のものです。

それにしてもみなさん上手ですsign03

カメラも違うのかなぁ。
アングルといい、桜と光の取り入れ方といい
どれもすばらしいものでした。

13

一枚ずつ紹介したいくらいですが
弊社にはその権限がないので遠くからです。

移動展なので、もしかしたらみなさんの近くで
展示されていることもあると思います。
展示されていたらどうぞご覧下さいね。

---------------------------------

人気blogランキングへleftrightランキングに参加していますhappy02

cherryblossomを思い出してポチっgoodとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月28日 (月)

鯉のぼりまつり♪

今日は今帰仁村からGWにとっておきの
観光情報をお届けしますよ~happy02

今帰仁村商工会の主催で、
今年から鯉のぼり祭りを開催しているそうですsign01

その名も

「みんなこい・来い・鯉のぼりまつり」

おだやかな今帰仁村の空、
のんびりとした風景に
大きな鯉のぼりが合計で180本
泳ぐそうです!!

さぞ雄大でしょうね~。
沖縄では鯉のぼりを掲げているお宅を
拝見する事はあまりないような気がしますので
子供たちにとっても楽しいのではないでしょうか。

祭りの会場は今帰仁の駅そーれ
後ろの広場です。
今帰仁村の夏祭りもここで開催されていますね。

期間は4月27日~5月11日までです。

会場ではサーターアンダギー実演販売、いまじん太鼓、
特産品・地域野菜フェアなど、
大人にも楽しい内容がもりだくさんです。
最終日には朝市もでるようですよ。

是非お出かけの予定に加えてくださいねnote

-------------------------------------

人気blogランキングへ←ランキングに参加していますup

いつも応援ありがとうございますwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

今帰仁村商工会

今帰仁村にある村づくりのパートナー

今帰仁村商工会

この度今帰仁村商工会のホームページがnewshine新しくshineなりました。

商工会は、地域の振興と住みよい地域づくりに欠かせないものですsun

その名の通り、ホームページには今帰仁村の見どころやスポット、または地元企業の新着情報が掲載

当社の情報ももちろん掲載されてますよ。

「今帰仁ブランド」として、地元こだわりの名産品情報もbookBLOGにて更新しています。

初夏を前に熱い情報をお届けしますので、要CHECKsign03です。

当社のブログと一緒に見てくださいね。

*******************

【今帰仁村商工会】

【今帰仁ブランド プロジェクト/BLOG】

【今帰仁酒造紹介】

人気blogランキングへランキング熱い応援もお願いしますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

ジャムJAM♪(補足)

沖縄はすっかり暑くsun、毎日半袖で過ごしています。
そういえば今日テレビのニュースでは
大阪の造幣局の桜cherryblossomが映し出されていました。
いや~きれいでした。いつかは見てみたいです。

今日は前に書きましたジャムについて
また書きたいと思います。
今回は補足です。

以前紹介しましたマンゴージャム
私は知人からいただいて食べました。
前回は瓶のままだったので、
今回は出したところを撮りましたsign01

080410_10280001

砂糖不使用のヨーグルトに混ぜて食べたり、
パンに塗ったりしました。

080410_10310001
あまりにおいしくてすぐになくなったので
早速「今帰仁の駅そーれ」に行きました。

マンゴージャムを探して店内を歩きますが
見当たりませんでした・・weep
ジャムのコーナーには
「今帰仁産たんかんジャム」がずらり。
こちらもおいしそうだと思い、購入決定。

レジで聞いてみると、
「マンゴージャムはマンゴーの時期にしか出せない」
とのことでした。
つまり夏季限定なんですね。
保存料が入ってないので長期保存が出来ない
フレッシュな商品ですから仕方がありません。

季節に応じた物を食べるのは
大変魅力的なことですので、
マンゴージャムは今年の夏にまた買いに行きます。
今はたんかんジャムを頬張ります。
ちなみにたんかんジャムは1瓶500円でした。
そーれは観光客や地元のみなさんで大賑わいでしたよ。

「次に来た時買おう~」
では買えなくなる可能性大のおいしいジャムですから
見つけたら是非ゲットして下さいね~。

-------------------------------------

人気blogランキングへ ←ランキングに参加しています

いつもポチッgoodと感謝ですhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

ジャムJAM♪

以前今帰仁の駅そーれについて
お伝えした事がありますが、
今日みなさんに見せたいモノは
ここで作られています。

Jam_2 

じゃじゃ~ん。
今帰仁産マンゴーのジャム
今帰仁産パインのジャムです。

今帰仁村は果物が美味しいことで
いまや全国的にも有名になりつつあります。
それらの果物を贅沢に使って
しかも全て手作業で作られているというから
食べてみる価値ありです!

080406_18280001

色合いも本物のマンゴーとパインそのもの。
余分なものは一切入ってないので当然ですね。
保存料も入っていないので
家で作ったジャムと同じと言えます。

気になるお値段は一瓶1000円

高いと見ますか?安いと見ますか?

今帰仁マンゴーのお値段をご存知の方なら
思わず安い!とうなるでしょうね。
マンゴー好きの方や、ジャム通の方にも
是非一度お試しいただきたいジャムです。

1000円は高いなぁと思っているあなた!
絶対その価値はありますよ。
今帰仁村に寄ったら、是非探してみてくださいね。

-------------------------------------

人気blogランキングへ ←ランキングに参加しています。

いつも応援ありがとうございます。
最近ランキングが落下中で寂しい管理人です。
今後もよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

今帰仁の風景

Cimg3769

ずっと雨rainと曇りcloudばかりの沖縄でしたが、
今週は晴れ間がのぞくようになりました。
今日は太陽sunが眩しく、暖かかったです。

と言うわけで
今帰仁の風景を少しご覧にいれます。

Cimg2159

まずは今帰仁の案内板happy01

Cimg2092

村役場や郵便局のすぐ近くに
とっても大きな看板があります。
ドライブの際は参考にしてくださいね。

こうして見ると今帰仁村って広いですよねぇ。

さてさて、次は・・・
景色の良い某所へcatface

いや、隠すつもりはありませんwink
運天港園地というところに行く予定でしたが
あいにく工事中でした。
遊歩道を整備していたようです。
残念ですが、運天港園地については
またいつかお伝えします。

なので映画に出てくるような道を
通り過ぎて進んで行くと・・・

Cimg3763

急に見晴らしがよくなりました。
向こうに見えるのは古宇利島です。

Cimg3770

天気も景色も良いので散歩が楽しかったです。

cherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossom

人気blogランキングへ←ランキングに参加しています。

いつも応援ありがとうございます。
コメントもお待ちしておりますよ~(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

今帰仁アグー肉まん!!

今帰仁には「今帰仁アグー」というブタさんがいるのです。

ブヒ。

その他にも今帰仁村の特産品はたくさんあります。

先日新聞を見ていると、

それらの特産品を使った商品が

5―8日に東京で開かれる日本最大の国際見本市

「第65回東京インターナショナルギフトショー」

出品されると書いてありました。

今回の新商品は

「バニラアイス黒糖蜜かけ」

「マンゴージャム」

「今帰仁アグーもち米シュウマイ」

「今帰仁アグー&フーチバー豚まん」

「生粋の島豚・今帰仁アグーの腿ハム手造り」

「Sahtaサーターなきじん黒糖」の6品。

商品の原産地が気になる今日ですから

きっと訪れるみなさんの関心を引くと思います。

私も是非食べたいです。

さあ、みなさん!ここで復習です(笑)

「今帰仁」「なきじん」と読みますよ~。

風光明媚な今帰仁村ですよ~。

-----------------------------------


人気blogランキングへ ←ランキングに参加しています。

沖縄在来ブタのアグーだブヒ(^0_0^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

Ke Iki cafe(ケイキカフェ)

先日のブログで ふるさと20度
ファッション雑誌デビューしたぞ~!
と書きましたが・・・

今回はその雑誌「POPEYE」の
撮影現場になったカフェに行ってきました。
今帰仁村の運天にある
「Ke Iki cafe(ケイキカフェ)」です。

Cimg4059

このカフェのご夫婦が雑誌社の方に
「おいしいよ」と勧めて下さったそうです。
本当にありがとうございます。。

「Ke Iki cafe(ケイキカフェ)」は
北部のホテル「ベルパライソ」の近くにあります。
今回は日が暮れる頃に行ったので
外からの写真はありませんが、
HPをご覧いただければ様子がわかりますよ☆

Cimg4056

店内はポップでレトロなおしゃれ家具で作られています。
そして特筆すべきは、そこからの眺めなんです!!

いつかブログでご紹介したいと思いますが、
沖縄県内でも秀逸の美しさを誇る
「ウッパマビーチ」が目の前に広がっているんです!!

辺りは静かで何も無く、波の音と心地よい音楽の中、
本当にゆったりのんびりすることが出来ます。
日光浴派はテラス席を楽しむのも良いでしょう。

メニューには飲み物やケーキだけでなく
ランチもありました。
私はお腹が空いていたのでパスタランチを注文。

Cimg4053

Cimg4055
勢いあまって先に食べてしまいました(苦笑)
食べかけですが、パチリ(笑)

気さくなご夫婦と会話が弾み、
つい長居してしまいました。

そしてカフェのお隣にはゲストハウスがあるのです。
1日1組限定で、2階建ての家を借りることができます。
ご好意で中を見せていただきましたが、
まるで自宅のようにくつろげそうな雰囲気でした。

調理器具や冷蔵庫も完備されているので
食材を買ってきて楽しむこともできますね。

そしてお風呂からも海を眺められる贅沢さ!
2階ベランダや階段があることから(安全面配慮のため)
宿泊には小さなお子様連れはお断りしているそうですが、
都会の喧騒を忘れてのんびりしたい方などに
おすすめのゲストハウスです。

北部を回りながらお茶したいな~と思ったら是非
行ってみてくださいね☆

Cimg4057

----------------------------------
Ke Iki beach house and cafe(ケイキ・カフェ)

場所:沖縄県国頭郡今帰仁村運天1064-3
電話:0980-56-4300
営業時間:12:00~日没
定休日:水曜日・木曜日

----------------------------------

人気blogランキングへ ←ランキングに参加しています。

いつも応援ありがとうございます(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

上運天農村公園

Cimg3781

この看板が目を引きますね。

かわいらしいです。

Cimg3777

全体で見るとこんな感じです。

木にみせかけた柱もステキです。

なんだかトトロ気分です。

Cimg3778

この階段で公園に行くようです。

トトロ気分はますます高揚します。

登りきったところに見えたのは・・・

Cimg3779

普通のゲートボール場でした(笑)

きっとこの周辺のおじいやおばあの

憩いの場になっているのでしょう。

ちなみに、ここは運天港の近くです。

近くを通ったらこの看板探してみてくださいね(笑)

-------------------------------------


人気blogランキングへ ←ランキングに参加しています。

トトロに出会いたいあなたもクリックお願いしますm( ._. )m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

第1回今帰仁グスク桜祭りのお知らせ

正月休みが明けたばかりですが、

1月から2月にかけては、沖縄ではなんと

桜のシーズンに入ります。

本土で咲くさくらはソメイヨシノで

白にも近いほどの淡いピンク色の花びらが

ハラハラと散る様子が美しいですよね。

沖縄の桜はカンヒザクラ

台湾などで咲く桜と同じ濃いピンク色が特徴です。

ソメイヨシノに慣れていると、一見桜とは思わないほど

鮮やかなピンク色なのです。

沖縄県内では桜の名所として知られる今帰仁城

今年から桜祭りが開催されることになりました!

期間は1月18日(金)~2月10日(日)まで。

期間中は桜と城壁がライトアップされますよ。

昼間の見学も良いですが、夜桜見学もステキですね。

Dsc03022

これは去年の桜の写真ですが・・・

あまりいい写真ではありませんね(汗)

今年はいい写真を撮ってきます!(願望)

みなさんも是非この機会に今帰仁城へお越しくださいね。

***********************************

人気blogランキングへ←ランキングに参加しています。

いつも応援ありがとうございます(^o^)丿

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年12月11日 (火)

運天港と沖縄最古のトンネル

Cimg3749

沖縄で最も古いトンネル
今帰仁村にあることを
みなさんご存知でしたか??

Cimg3760

改装を重ねられているので
今の姿は古くありませんが、
運天トンネルと呼ばれており、
大正13年(1924)年に、
村の人々の力によってつくられました。

Cimg3758

琉球王朝時代には
運天港の近くに北部の行政の要であった
今帰仁間切所が設置されていて
村民は港や今帰仁間切所に行くまでに
山を越えなければなりませんでした。

Cimg3757

しかしトンネルができてからは
スムーズに往来できるようになり
村民の生活を変えました。

Cimg3761

運天トンネルを抜けるとが見えますよ~。

運天港です。

Cimg3751

Cimg3748

この付近では釣りを楽しむ人が多く見られます。

Cimg3753

ここからは伊平屋島伊是名島行きの船が出ています。

Cimg3754

以前は古宇利島へも運天港から船に乗ってしか
行くことは出来なかったのですが
以前当ブログでも紹介しました古宇利大橋の開通によって
2島へのみのフェリー発着場所になりました。

Cimg3747

むこうに古宇利大橋が見えますね。

17世紀には薩摩との航路として利用され
大正・昭和時代には流通の中心としても栄えました。
戦後昭和47年5月には沖縄の本土復帰と同時に
沖縄県を港湾管理者とする重要港湾として指定されました。

昔から重要な港であったことがわかりますね。

かつて村民がそうしていたように
みなさんも運天トンネルを通って
運天港へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

運天港には言い伝えもあり、
周辺散策もできるのですが
それは次の機会にしましょうね。

---------------------------------

人気blogランキングへ←ランキングに参加しています。

久々の観光ネタに応援よろしくお願いします☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

今帰仁村総合運動公園

今帰仁村には
立派な運動公園があります。

弊社の工場から歩いていける距離です。

・・坂があるけど(笑)

それがコチラ。

Dsc03083

今帰仁村総合運動公園です。

アーチが掛かっていますね。

入るとすぐに広々とした駐車場と
公衆トイレがあります。

まだまだ建設途中なのか、
私が行った時には工事をする人の姿が見られました。

しかし、見てください。

Dsc03084
立派なスタジアムです。

これは門を通って右側にあるのですが、
左側、駐車場奥の広場では
おそらく小学生が野球の練習をしていました。

某有名スポーツ選手が
ここで練習していたなんて噂が
あったりなかったり・・。

確かに人が少ないですし、穏やかな土地柄は
スポーツの練習にはもってこいかもしれません。

もっと奥へ進むと体育館があります。
ここが工事中でした。

私は更に奥へ進みました。

案内板が見えます。

「村民の浜」

と言っても、板切れでできた案内板です。

どんどん奥へ歩いてみました。

1

急な坂を下ると海です!!

2

ここには海の家らしき設備がありますが
まだ工事中のようでした。

「まだ安全対策をしていないので
海では遊ばないように」

と注意書きがありました。

3

こんなキレイな海なのに
道理で人がいないわけだ。

しかも暑い(汗)

でもこんな絶景を独り占めできたことに
ニヤリと満足しながら運動公園を後にしたのでした★

************************************


人気blogランキングへ ←ランキングに参加しています。

これからも応援よろしくお願いしますm( ._. )m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

今帰仁スイカ

以前このブログの中で
今帰仁マンゴーについてご紹介しましたが

フルーツランド今帰仁村において
もっとも有名なフルーツと言えば

そう

スイカ

です。

沖縄県内におけるシェアーは半数以上

マンゴーは高級なイメージがありますが
スイカはいかにも庶民的。
沖縄ではどこのスーパーでも見ることができると思います。

縁側でスイカをかじる画を
想像しただけでも風流ですね。

スイカは喉の渇きを潤すだけでなく
喉の痛みを緩和させたり、腰痛に効くなど
びっくりするような効能があるそうですよ。

それに昔から「肝臓の薬」と言われているそうです。

今年はスイカを食べる時に写真を撮り損ねたので・・

Cimg2158

近くのスイカの工場の写真を撮りに行きました(笑)

Cimg2156

この工場の壁に描かれている絵は
インパクトがありますよね。

ちょっと近寄りましょう。

Cimg2157

スイカの上で男女がスイカを食べている傍らで
でかい鳥が。

このでかい鳥、何かと言うとダチョウなんですよ。

なぜダチョウ?

今帰仁村には以前「ダチョウらんど」があったんです。
現在は東村に移転しています。

私は今帰仁にあったころに行った事があるのですが
ダチョウは大きいですよ。
当時はエサをあげたり、
ダチョウの上に乗ることもできました。
今はどうなのでしょうか。

ダチョウも気になりますが
この男女も気になるところです。

吹き出しから想像すると、
男性が女性に今帰仁スイカを食べさせたようです。

感動のあまり思わず
「美味しいっ」と叫んだ女性に
男性は得意げに「だろ!」と答えています。
この男性は今帰仁出身なのでしょうか。

しかし、この二人は水着を着ています。
沖縄県内の人たちが水着で海に入ることは
あまりない・・のではないかと思いますので
もしかしたらこの男性は沖縄大好き旅行者かもしれません。

そして一緒に旅行している女性に
今帰仁スイカのおいしさを教えたかったのかもしれません。

妄想でこんなに書いてしまいました(苦笑)

ここまで妄想させるなんて、この絵はすごいです。

話をスイカに戻しまして・・(笑)

スイカは夏の果物のようですが
なんと今帰仁村では冬も収穫するんです。

夏物に比べると小玉ですが甘味はばっちりだそうです。

その季節に季節のものを食べたり飲んだりするのが
一番合っているに違いありませんが、
その季節のものじゃないものを食べれるなんて
贅沢ですよね。しかも美味しいなんて。

気になった方はチェックしてくださいね☆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人気blogランキングへ←ランキングに参加しています。

これからも応援よろしくお願いします(^_^)/

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年9月12日 (水)

アカバナー

昨日の日記「アカバナー」が出てきましたので、
今日はそれを話題にしようと思います。

Dsc01125

沖縄ではハイビスカスのことを
方言で「アカバナー」と呼んでいます。

文字通り「赤い花」です(笑)

今はいろんな種類があって、色も豊富ですが・・
昔から沖縄で咲いているのは
赤いハイビスカスで、
「ブッソウゲ」という種類
のものだそうです。

私は素人なので違いはあまりわかりませんが
正確には花の咲く向きとか
花びらの形や大きさも
外国のハイビスカスと比べると違うのだそうですよ。

沖縄では家の庭先でも咲いているし
生垣としても使われているし
もちろん自生でも咲いていて、
ほんと~にどこででも見ることができます。

一つの花は1日でしぼんでしまうのですが、
次々に咲いて花が絶えないことから
お墓に植えられることも多いようです。

それなので沖縄の県花ハイビスカス

・・・・と思いきや、
県の花は「デイゴ」です(笑)
THE BOOM「島唄」には歌いだしに出てきますね。

なんとハイビスカスは
今帰仁村の村花なのですよ。

以前の日記で、
村の木は「リュウキュウマツ」だと
お話ししましたが、
南国を象徴すると言っても過言でない
ハイビスカスが村の花なんです。

Cimg2159

村役場や公民館、そーれの周辺には
たくさんのハイビスカスが植えられています。

今日はそこで写真を撮りました。
種類も豊富に植えられていますよ。

Cimg2094Cimg2093 Cimg2095Cimg2100Cimg2097Cimg2096Cimg2101Cimg2099

余談ですが・・
東南アジアではこの花で靴を磨くので
「shoe flower」(靴の花)の別名があるそうです。

・・・どなたか、もし試したら・・
感想のご報告をお願い致します(笑)

************************************

人気blogランキングへ ←ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます(*^_^*)
現在落ち込み気味・・(涙)でも頑張ります。
これからもよろしくお願いします_( . _ . )_

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

壁画

私が初めて今帰仁村を訪れたとき
一目で気に入ったがありました。

Dsc02880

とある民家の壁に描かれた絵で、
いつ誰が描いたのかわかりません。

村の誰かが描いたのでしょうか。

二つの絵が並べて描いてあります。

壁の色がスカイブルーです。
なんとも南国らしいですね。

左側の絵に注目してください。

Dsc02881

着物を着た、芸者風の女性の右側に
弊社のふるさと20度が描かれてるではありませんか!

実際には ふるさと20度
で縁取りされた緑のラベルがついています。

これは緑の塗料が剥げてしまったのでしょうか。

Photo_utsukishiki

ふるさと20度は
まだまだ泡盛=30度以上がメインだった時代に
飲みやすい泡盛として
弊社が先駆けて売り出したもの
です。

かつて30度以上の泡盛は
若い世代や女性には敬遠されがちでしたが、
低アルコールのふるさと20度は
それまでの泡盛のイメージを覆すとして
幅広い年代から高い支持をいただきました。

実はこの壁画は今はもう存在しません。
家屋そのものが取り壊しとなり
脇の道を通るたびに眺めていたこの絵は
見ることができなくなってしまいました。

しかし、地元今帰仁村において
誰かが絵に描くほどに
弊社の泡盛を好んで下さっていたのだと思うと
うれしく、また感謝の気持ちを持たずにいられません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人気blogランキングへ←ランキングに参加しています。

まだまだ上を目指して頑張ります。応援よろしくお願いします(*^_^*)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

諸志共同売店

Cimg2155

みなさんは共同売店という言葉を
聞いたことはありますか?

今から100年以上前、
沖縄県北部に位置する国頭村という地域で
それは誕生しました。

共同売店とは
村のみんなで共同でお店を保有・経営し、
利益を村のみんなに還元するという発想で
作られたお店です。

今帰仁村には2軒の共同売店があります。
その一つが今帰仁村諸志にある
諸志共同売店です。

Cimg2154

諸志共同売店も歴史は古く、
大正時代から続いています。

場所は以前弊社ブログで紹介しました
今帰仁城跡の近くで、
趣き深いそのたたずまいは
映画や広告の撮影にも使われています。

店主は共同売店の中では若手と思われる
40代くらいの男性でした。
私がお店に入って地元の牛乳を買うと、
牛乳パックのマメ知識を教えてくれました。

あっちもこっちも都市化が進み、
大型のスーパーがたくさんできて、
北部ならば名護の大型量販店まで
車で行けば欲しい物は大抵手に入るようになりました。
それが故に共同売店は経営は厳しくなっているはずです。

それでも共同売店が残っていくのには
理由があるのです。

共同売店は車を持たないお年寄りが
日常品を買いに来たり、
またはゆんたくして情報交換をするなど
単なるお店としてだけの役割ではなく
地域の人たちの憩いの場としても成立しているからです。

つまり共同売店の関係者達が献身的に努力し、
地域の人達と信頼関係を積み重ねた結果の
存続であると言えます。

共同売店の存続が地域の町づくり人づくりに
一役買っていることを考えれば

今後も長く長く、続いて欲しいと思います。

みなさんも機会があったら訪れてみて下さいね。

****************************************

人気blogランキングへ←ランキングに参加しています。

みなさんのおかげで20位の壁を突破!ありがとうございます!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

今帰仁城跡(後編)

昨日は今帰仁城跡(前編)として
今帰仁城跡の周りに出来た
施設や設備をメインにお伝えしました。

今日はいよいよ中へ入って行きます。

チケット売り場で買ったチケットを
係員に手渡し、平郎門をくぐります。

Cimg2116

この平郎門は昭和38年に造られたものだそうです。

Cimg2143

真っ直ぐに続く石畳の道と階段
ここを通るだけでも悠久の時を感じます。

Cimg2117

道の左脇には大隅(ウーシミ)
馬の飼育などをする場所だったようです。

Cimg2120

階段を上って主郭跡の方へ行くのですが
階段の脇にある旧道を通っても行くことができます。

Cimg2142

私が見ている限りでは
子供たちは好んで旧道を通っているようでした。

上がってすぐに見えるのは
大庭(ウーミャ)です。
ここでは催し事をしていたそうです。

大庭には以前にお伝えした絶世の美女
今帰仁御神を詠んだ歌が石碑になっています。

Cimg2122

「今帰仁の城しむないの九年母
     志慶真乙樽がぬきやいはきやい」

訳:まさか生まれまいと思っていた世継ぎが、お生まれになった。
  それを乙樽が、蝶よ花よと可愛がってらっしゃる

その石碑の左側に作られた通路を上がると
御内原(ウーチバル)です。

Cimg2123

ここは女官の生活の場であったそうです。
御内原からの眺めは素晴らしいです!
女官たちは毎日この風景と共に生活していたのですね。

ここからの眺めが絶景その①です。

Cimg2124

城壁を見渡すと向こう側には青く美しい海が見えます。
優美な曲線を描く城壁と
太陽の光を浴びてキラキラと輝く海。

間違いなく絶景ポイントです。
ここを背景にして写真を撮る方が多いですよ。

Cimg2125

向こう側にチケット売り場も見えますね。

まるで万里の長城とシンクロしそうな壮大な城壁
これは争いの絶えなかったこの時代に
城を守るために作られた強固な石垣なのです。

硬くて黒い石を削り、これだけ長い城壁を作るには
相当な時間と技術を要しただろうと推察できます。

更に多くの職人を働かせることが出来た事が
当時の城主の権力の大きさを物語っていますね。

Cimg2128

また、今帰仁城があるのは切り立った崖の上で
その下には川が流れています。
まさに天然の要塞であった今帰仁城は
攻略するのは至難であり、
策略を用いて落城させられたと言われています。

主郭のほうへ行くのにも
観光用の道が組まれていました。

私が訪れた日は日曜日で、
多くの人が訪れていましたので
この辺の写真は撮ることができませんでした。

主郭には火の神を祭ってあります。

Cimg2130

火の神とは沖縄の家庭ならどこにでもあるであろう、
台所の神様です。
城内にはいくつかの神聖な場所があります。
ここにも参拝客が頻繁に訪れるそうですよ。

Cimg2131

主郭の変遷を記した説明板が立っていました。

まだまだ見るスポットがありますよ。
主郭から志慶真門郭へ抜けます。

Cimg2136

絶景その②はこちら!

Cimg2135

Cimg2132

史跡はまだ整備途中で、
かなり足場が悪いのですが、
もし可能ならばご覧頂きたいスポットです。

Cimg2139

本当はまだまだ見学するところがあるのですが
今回はこの辺で帰る事にしました。

Cimg2141

階段の上から平郎門を眺めます。
う~ん。素晴らしい。

Cimg2145

城跡を出ると、看板がありました。
文化センターをアピールしています。

この日もとても暑く、見学で汗だくになりました。
チケット売り場の方へ戻ると、
冷房のしっかり効いた休憩施設が!

Cimg2147

吸い寄せられるように中に入ります。
すずし~♪

中には無料のインターネットや・・

Cimg2150

今帰仁村の写真の展示などがあります。

退屈せずに過ごすことができますね。

こんな広告も発見。

Cimg2149

実際の様子が見てみたいです。

お土産屋さんには
弊社の看板商品も置かせて頂いています。

Cimg2152

帰りに駐車場から立派な施設をもう一度見上げます。

Cimg2153

次は桜の季節に訪れたいと思います。

************************************

人気blogランキングへ←応援ありがとうございます_( . _ . )_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

今帰仁城跡(前編)

Cimg2104

8月も残すところ後10日。
多くの学生さんや生徒さんにとっては
夏休みがもうすぐ終わるのは残念ですよね。

でもまだまだ観光シーズンは終わりませんよ~

今日は今帰仁村で最も有名な観光地のひとつである
今帰仁城跡(なきじんじょうあと)
についてご紹介します。

Cimg2112

2000年12月に
琉球王国のグスク関連資産群」(9資産)
の一つとして世界遺産に登録され、
全国的に有名になりました。

桜の名所としても知られ、
寒いほうから咲く沖縄のカンヒザクラを見るのに
県内外から多くの観光客が訪れる場所でもあります。

私が初めて今帰仁城跡と訪れたのは
今から6年ほど前、
世界遺産に登録されたばかりの頃でした。

その頃と比べると、見違えるほど立派になっています。

Cimg2105

広い駐車場のそばには立派な総合案内板

Cimg2106

チケット売り場御土産売り場も立派です。

Cimg2107

ちなみに今帰仁城跡のチケットの半券
チケット売り場の向かいにある
歴史文化センターに入ることができます

歴史文化センターでは
今帰仁城跡のことも詳しく知ることができますし、
その他にもさまざまな展示がなされていますよ。

お得ですね。

チケット売り場から道を渡って城跡に向かうのですが
渡ったすぐのところに模型もできていました。

Cimg2109

おや、このお店は昔からありましたね。
この古い佇まいがいい味出しています。

Cimg2111

なんと石碑も立っていました。

Cimg2113

入り口の平郎門の方へ歩いていくと・・

Cimg2116

「ここで写真を撮ってください」と言わんばかりの
ベンチ
があるじゃないですか(笑)

Cimg2115

もちろん撮りますよ。
ワタクシ、ミーハーなので(笑)
その写真は割愛しますが・・。
城壁をバックに写真が撮れます。

その向かい側が昔のチケット売り場です。

歴史的背景をお話すると・・
琉球王朝時代の前には
三山時代と呼ばれる時代があり、
本島は北山・中山・南山の地域に分かれていました。

今帰仁城は当時は北山城と呼ばれ、
大豪傑で知られた王が豪腕の家臣を従えて
この地を治めていたそうです。

首里城のように鮮やかでもなく、
訪れてみても、建物もない・・・

そう感じる人もいるかもしれませんが、
私がミーハーに見ていただきたいところは
やはり!城壁です。

次回はその城壁と城壁の中をご紹介しますね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

人気blogランキングへ ←応援ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

今帰仁の駅 そーれ

道の駅って
いろいろな地域にありますよね。

その土地の情報を教えてもらえたり
地域の特産品を買うことができるので
利用する方も多いと思います。

もちろん今帰仁村にもありますよ。

今帰仁の駅「そーれ」です。

先日の今帰仁村まつり
この「そーれ」付近で行われました。

Cimg2076

村の特産であるスイカが目印です。
なんだかかわいいと思いませんか?

ここは今帰仁村の生活研究会のメンバーによって
運営されている特産館です。

名称の由来

「めんそーれ (いらっしゃいませ)」
「うさがみそーれ (召し上がってください)」
「ゆくいみそーれ (休んでください)」

などの方言と、

ソーレ、ソーレ

のかけ声からきているそうです。

外には取れたて新鮮の果物や野菜が並んでいます。
私が行ったのは少し遅かったようです。
残っているのはわずか・・。

Cimg2081

それもそのはずです。

Cimg2082

トウガンパイナップルもひとつ150円の安さ!

Cimg2083

ドラゴンフルーツは1袋150円です。

中の様子はこんな感じです。

Cimg2086

旬のマンゴーの贈答用の箱が
所狭しと並んでいますね。

もちろんここで買って県外に発送することもできます。

Cimg2160_2 

ここで買えるサーターアンダギー
紅芋や黒糖など種類がありますが
どれも絶品です!

最近、食堂がオープンしたそうですよ。
食べに行った社員の話によると
とてもおいしいそうです。

なんと、この付近でしか食べられない
美味しいデザート
もあります!

来てみてのお楽しみ!!(*^^)v

北部のドライブの休憩スポットに最適ですよ。

(ドライブ中の飲酒はお控えくださいね。)

*******************************************************

人気blogランキングへ←いつも応援ありがとうございます(^^♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

う~ マンゴ!!

Cimg2022_2

マンゴーを頂いちゃいました。

今帰仁産マンゴー。高級品です。
まるまる大きなマンゴーによだれが出ます。

Cimg2030

今帰仁産を主張するマークが入っています。
シールの真ん中の女性は
伝説の美女「今帰仁御神(なきじんうかみ)」です。

彼女についてはまた次の機会に
たっぷりお伝えします。

さて、マンゴーと言えば
南国のフルーツ代表!?
各国各地で作られていますね。

マンゴー味のデザートも豊富です。

だがしかし!!!

みなさんは県産マンゴーと
味を比べた事があるでしょうか。

旨いんです。ほんとーおいしいんです

今帰仁村は農業の盛んな村
主要農産物はスイカマンゴー

「別に今帰仁産のじゃなくても・・」

と思った方、いらっしゃると思います。

でも ちょっと待ってください!

県外出身の私、今までマンゴーを
食べる機会は十分にありましたが
好んで食べることはありませんでした。

でも初めて今帰仁産のマンゴーを食べたあの日・・

「ええっ、こんなに甘かった??

マンゴーって、こんなに美味しかったの?!」

と、驚きました。 感動 でした。
そしてマンゴーは私の大好物の一つになりました。

Cimg2064

切り方は魚と同じ・・。
まだうまく出来ませんが(汗)

沖縄県内では
今帰仁産スイカとマンゴーの美味しさは
すでに有名です。

Cimg2074

県外の方にも是非お召し上がり頂きたい2品ですよ。

(今回はマンゴーの紹介なのでスイカの写真などは割愛しますね)

-------------------------------------------------------

↓いつも応援ありがとうございます(^^)

人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

仲原馬場

今帰仁村には
松並木の広い未舗装の道が有ります。

一見あまり整備されていない道のようですが、
ここは琉球王朝時代からそのままの形で残る
馬場の跡で、仲原馬場というところです。

Dsc03118

沖縄には昔は各地に馬場がありましたが
ほかの馬場は沖縄戦で破壊されたり、
耕地や宅地になったりして元の形を失っており、
昔から有名な仲原馬場だけが昔の面影を残しています

入り口に看板が立っています。

Dsc03117

内容はざっと、こんな感じです。

この馬場の幅は約30m、長さ約250mの長方形です。
約1mの高さに土を盛り上げ前面に石を積み、
上部は芝生で被われた観覧席になっています。

馬場の両側には、18世紀の政治家・蔡温[さいおん]
植林を進めたと伝わる琉球松の巨木が立ち並んでいます。

余談ですが、琉球松は今帰仁村の村木でもあります。

Dsc03128

枝振りの美しいリュウキュウマツ(琉球松)は、
陽光をさえぎって快い憩いの場をつくり、
戦前は村民たちの民族行事
アブシバレーのウマバラセー(競馬)
盛んに行われていたそうです。

Dsc03127

夏は熱い日差しの照りつける沖縄。
でもここは松の枝が天然の屋根になっているので
休みの日にはここでお弁当を広げる家族も多いようですよ。

弊社の社員の一人はクリスマスが近くなると
毎年仲原馬場へ足を運び、
松ぼっくりを拾うと言っていました。

Dsc03120

クリスマスの飾りに使う松ぼっくりも
今ではお店で買える時代ですが、
県指定の文化財である
仲原馬場の琉球松の松ぼっくり
家族で拾いに行くのもいいものですね。

(なお、ここは史跡ですので許可なく現状を変更したり
保存に影響を及ぼすことは条例で禁じられていますので
ご協力お願いします。)

-------------------------------------------

人気blogランキングへ ←いつも応援ありがとうございますm(._.)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

乙羽山展望台

5月ですね。

ゴールデンウィーク突入!!しましたが、

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

どこにも行くとこが決まってない方は必見!

今日は今帰仁のいいところ第2弾。「乙羽山展望台」をご紹介しますよ。

乙羽山は標高275mの自然豊かな山です。

別名「ウッパやま」とも呼ばれ、その昔王妃が戦いから逃げる時に子供を背負って乙羽山を渡ったことから、その名前がついたそうです。(やんばる国道物語より)

今帰仁の中心部から車で走ること15分・・・・・・・。

着きました!!

その乙羽山の展望台がコレです↓

Cimg1281

後ろには、沖縄本島初となるUHFテレビ中継局のテレビ塔があります。

そこから見える景色は絶景でしたよ。

Cimg1282

今帰仁村を一望できるこの場所からは、古宇利島も見えますよ。

Cimg1291

くるっと反対側を見ると、

今帰仁やんばるの自然豊かな景色が見えますよ。

う~~~ん、いい景色だ。

乙羽山展望台、実は景色だけを楽しむ場所じゃないんです。

ちゃんと子供も遊べる場所もありますよ。

Cimg1285

Cimg1277

Cimg1276

見てください!!立派でしょ。

子供連れでも遊べるし、いい景色を見ながらのんびり過ごすのもいいですよ。

残りのゴールデンウィーク楽しんでくださいね。

--------------------------------------

人気blogランキングへ ←応援ありがとうございますm(._.)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

ロマンの島 古宇利島

みなさんこんにちは、今帰仁酒造の大城です。

ブログを立ち上げてもうすぐで1年になろうとしてますが、

最初に書きました「今帰仁村はどんなところか?」を全く紹介してないのに最近気づいてました。

ほんと申し訳ないですm(._.)m

今回は今帰仁酒造のある今帰仁村がどんなところなのかを紹介したいと思います。

今帰仁村はやんばる(山原)と呼ばれる地域にあります。

やんばるとは、沖縄県北部の自然が豊かな地域のことです。

今帰仁村は人口9500人弱の小さな村ですが、見応えのある場所はたくさんあるんです!

今日紹介するのは年々観光客も増え続け、

今ではすっかり定番の観光名所となった古宇利島の紹介をします。

古宇利島は人口約350人が住む小さな島で、島民は主に農業・漁業で生活をしてます。

2005年2月、古宇利島と名護の屋我地島との間に橋が完成しました。

古宇利大橋です。

それまでは、運天港と古宇利港の間をフェリーが運航していました。

今ではこの橋が観光名所のメインとなり、人々の暮らしに役立っています。

橋の特徴は何と言っても、この長さ!

約2kmもあり、島の直径にほぼ等しい距離なんです。

そして通行無料の一般道としては、日本最長の橋なんです。(平成17年2月現在)

もちろん素晴らしいの橋だけではありません。

ドライブに欠かせない眺め・景色が最高なんです。

ご覧になった方も多くいらっしゃるとは思いますが、期待は裏切りませんよ。

早速、行ってきました。

まず車は、古宇利大橋へ続く道を走ります。

すると遠くから見えてきました。

Dsc03203_1

両脇の青い海がだんだんと大きくなってきますよ。

Dsc03206_3

ここが古宇利大橋の渡り口です。

ここからの眺めも充分素晴らしいですよ。

脇には休憩所も設けられていて、車を停めて写真撮影や周りを散策できますよ。

Dsc03208_3

いよいよ渡り始めました。

橋はカーブを描いていて、半分までは向こう側まで見えません。

橋の両側がエメラルドグリーンの海でまるで空へと続く道のようです。

Dsc03209_2

古宇利島が見えます。

橋の片側は歩行者用ですので、歩いていくのもオススメです。

遠くも近くも海・海です、どこも同じ色はありません。

絶えず変化してる美しい海です。

Dsc03211_2

着きました~、古宇利島です。

Dsc03108_1

渡ってすぐのところには、トイレやお店が並ぶ休憩所があります。

Dsc03104_3

もちろん歩いてすぐのところにビーチがありますから、

波を見ながら、ビーチでお弁当を広げるのも楽しいと思います。

Dsc03216_2

Dsc03215_3

施設の中には中学生が作った古宇利島の地図がありました。

特産品や年中行事のことも書いてありますよ。

Dsc03217_3

地元の小学生のいろんな思いが書いてあります。

自分の未来と古宇利島の未来について書いたものです。

私は特にこの文に目を引かれました

Dsc03214_3

「橋ができてもこのままで」

橋がかかれば暮らしは楽になりますが、その分変化も多いものです。

なかでも心配されるのが、ゴミ問題です。

こんなにキレイな海や島を見ながら、ゴミを捨てる気になるのが不思議なくらいです。

古宇利島の自然は大変素晴らしいものです。

神が宿る島とも言われ、年中行事も毎年盛んに行われてます。

古宇利島に限ったことではなく、この地球は私達の暮らしを支えてますから、

それぞれが気をつけなければなりませんね。

さて、海ばかりが気になりますが反対側はこんな感じなんです。

Dsc03218_3

島の駅や無農薬野菜の無人販売もあります。

Dsc03231_3

招き猫が読んでますね。

下の「にんにく」が味わい深いです。

中には民家があり、道も細く住民のみなさんの生活に支障がないよう、

観光の方には島の外周しえる広い道を勧めてるようです。

島から見る古宇利島と海もまた美しいですね。

今帰仁村の古宇利島に皆様も是非、お越しくださいね。

-------------------------------------------------

人気blogランキングへ   ←ブログランキングに参加中。

ポチッと応援よろしくお願い致します。m(._.)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)