« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

2010年5月31日(月)のお客様

20100531

本日は東京から蔵元見学にお越し頂きました。
ありがとうございますhappy01


坂井 様   川坂 様

山城 様   国平 様

加藤 様   渡辺 様

赤川 様   運天 様


当社営業マンの紹介でお越し頂いたお客様です。
「美しき古里」も気に入って頂いております。
ありがたいです、感謝。


見学の皆さまは、
東京の焼き鳥店の方達です。

「三軒茶屋 庄助」

「太子堂 炭火やきとり 連」

泡盛と焼き鳥は合うだろうなあ。
書いててなんだか食べたくなってきました(笑)


蔵元見学の感想も伺いましたよ。

「酒の作り方を学ばせていただいた上で、古里を味わいたいと思います。」
⇒ありがとうございます。造りを知ると蔵元のこだわりもわかり、お客様にもより泡盛を飲んで頂くことが多いです。少しでも泡盛を知る上でお役に立てましたら幸いですね。古里もよろしくお願いします。


また是非遊びにいらしてください。
東京でも泡盛どうぞよろしくお願いします。

本日はお越し頂きましてありがとうございました。




見学担当:大島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

2010年5月15日(土)のお客様

20100515

本日は千葉から蔵元見学にお越し頂きましたよ。

ありがとうございますhappy01


寺内 様

小笠原 様


寺内様は先月も見学に来て頂きました。

もうこれは当社の常連さんです(笑)

ホントありがとございます。


こうやって、

また来て頂くお客様がいるだけで嬉しいですね。


蔵元見学の感想も伺いましたよ。

「2回目でしたが、より深く工程がわかり良かったです。」

⇒ありがとうございます。1回目より2回目がやはり理解が深まりますよね。泡盛も熟成を1年よりも2年が良いですからね。手造りの工程も魅力です。


「おもしろかった。作り方とか何も知らなかったので飲んでみたくなりました。 」

⇒泡盛の造りは手間ひまがかかりますが、その分仕上がった泡盛は格別に美味しいですよ。造りが分かってから泡盛を飲むとまた味わいの感じ方も変わると思いますよ。


また是非蔵元に遊びにいらしてくださいね。

2回でも3回でもお待ちしてますよhappy01

本日はお越し頂きましてありがとうございました。


見学担当:大島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

2010年5月10日(月)のお客様 2

201005102

本日2組目のお客様。

沖縄・福島・大阪・ドイツから蔵元見学にお越し頂きました。
ありがとうございますhappy01


菊池 様

目黒 様

山口 様

公文 様

クラッサ様


1組目の蔵元見学の方達と
一緒のみなさまです。

こちらもピースサインと笑顔で
和気あいあいの2組目。
今回はワールドワイドにドイツから
お越し頂いてます。

ついにきたかあ。
世界へ。


以前当社に
来たことがある方もいらっしゃれば、
今回初めての方とみんなで遊びに
来て頂いて、うれしいですね。


蔵元見学の感想も伺いました
「なんとなくしか知らなかった事を教えてもらった。」
「楽しかった」「お酒がたくさんあって興奮した。」
など、
いろいろなコメントも頂けました。


泡盛はシンプルな造りですが、
奥が深い酒ですので、是非色々な酒造見学も
オススメしてますよ。


また是非遊びに来てくださいね。
本日はお越し頂きまして、ありがとうございました。



見学担当:大島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日(月)のお客様

20100510_2

本日は
福島・東京・千葉から蔵元見学にお越し頂きました。
ありがとうございますhappy01


目黒 様

立川 様

服部 様

青島 様


皆さん和気あいあいとした感じが
とても印象的でした。


以前お越し頂いた方や
口コミや地元人から聞いてなど、
そういう声を聞いて、
蔵元見学に来て頂くだけで
すっごく嬉しいです!!


ありがとうございます。


見学の感想も伺いましたら、
「お酒の臭いがすごかった」
「貴重な経験になりました」
と言ってくださり、
弊社も満足です。


なかなかこういう機会がないと、
蔵元見学なんてできないですから、
良い経験でお酒の臭いもきっと思い出の香りになると思いますよ。


また是非気軽に遊びにいらしてくださいね。
本日はお越し頂きまして
ありがとうございました。


見学担当:大島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »